このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

2018 サポーターズ・ツアーを開催しました!

最終更新日:2018年7月31日

平成30年7月21日(土曜)、22日(日曜)に新潟において、「新潟開港150周年記念事業(海フェスタにいがた)と(水と土の芸術祭)夏のにいがた堪能ツアー」と題し、2018サポーターズ・ツアーを開催しました。
両日とも猛暑でしたが、それに負けないくらいの熱気あふれる2日間となりました。

1日目の様子

船から海王丸を見てみよう

信濃川ウォーターシャトルに乗って、雄大な海王丸を間近で見たり、カモメに餌をあげることに夢中になったりして船旅を楽しみました。

海の総合展(新潟日報メディアシップ)

新潟日報メディアシップで開催されている海の総合展では、海のことをわかりやすく、楽しみながら学べるパネルや模型がたくさんありました。また、クイズラリーに参加して全問正解で素敵な商品をいただくなどイベントを楽しみました。

交流会

交流会は、築100年以上の古民家でイタリアンをいただきながら地酒やワインを堪能し、また、地元おもてなし隊も参加して、にいがた検定クイズ大会を行うなど大変にぎやかで楽しい会となりました。

2日目の様子(みずつちバスツアー)

天寿園と杜の蔵

2日目の「みずつちバスツアー」は天寿園からスタート!天寿園では作品とともに日本庭園や中国庭園も鑑賞しました。また、杜の蔵では蔵の中でアート鑑賞をしました。

北方文化博物館


羽釜炊飯体験。おいしく炊けました!

北方文化博物館では、越後随一と言われる豪農の館を見学しました。また、お昼の羽釜炊飯体験では、炊き立てのおいしいご飯をいただきました。

諸橋弥次郎農園


十全なすの収穫体験

諸橋弥次郎農園での収穫体験では、みなさん真剣になすを吟味していました。ご家庭で新潟の旬を味わっていただけたと思います。

万代島多目的広場(水と土の芸術祭メイン会場)

水と土の芸術祭メイン会場の万代島多目的広場(通称:大かま)では、8つの大きく不思議な作品を鑑賞しました。

お土産購入

ピアBandaiでは、新潟のお土産をたくさん購入いただきました。

おわりに

今年のツアーは、新潟港開港150年を記念するキックオフイベントに参加いただき、新たな新潟の魅力を発見していただいたものと思います。
当日の新潟はとても暑かったのですが、参加いただいた皆様の熱気も加わり記憶に残るツアーとなりました。また、満足して帰られる参加者の姿を拝見し、事務局一同大変嬉しく感じました。
ぜひまた新潟にお越しいただけることを心よりお待ちしております!


交流会集合写真

このページの作成担当

東京事務所
〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目4番1号 日本都市センター会館9階
電話:03-5216-5133 FAX:03-5216-5134

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る