このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

北欧の陶芸家 リサ・ラーソン展 暮らしを愛するすべての人へ

最終更新日:2018年9月18日

会期 平成30年9月1日(土曜)から11月11日(日曜)

※月曜休館(祝日の場合は開館、翌日休館。11月5日は開館)

世界中で人気を博すリサ・ラーソン、代表作を中心とした約190点で制作活動の全貌を紹介

 北欧の陶芸家リサ・ラーソン(1931- )が作るコケティッシュな動物や素朴で温かみのある表情豊かな作品は、本国スウェーデンのみならず日本をはじめとする世界各国で人気を博しています。
 リサ・ラーソンは、陶磁器メーカー、グスタフスベリ社での26年間の在籍中に約320種もの作品を制作し、同国を代表する人気作家となりました。その後、活躍の幅を海外にも広げ、80歳を過ぎた今もなお創作を続けています。
 本展では、2016年にスウェーデンのロェースカ美術工芸博物館で開催された個展をもとに初期から近年までの代表作約130点をテーマ別に展示し、さらに作家本人が所蔵するユニークピースや、夫で画家のグンナル・ラーソンの絵画作品等も加えた全約190点でその制作活動の全貌を紹介します。

チラシの割引券提示で100円引き

展覧会チラシ(A3サイズ二つ折り、中見開き4ページで配布)

  • 本チラシご提示で、5名様まで当日観覧料を100円引きにします。
  • プリントアウトするか、ダウンロードして表示したスマホ等の画面を受付に提示してください。
  • 割引併用不可。
展覧会の概要
会期 平成30年9月1日(土曜)から11月11日(日曜)
休館日 月曜(祝日の場合は開館、翌日休館。ただし11月5日は開館)
開館時間 午前10時から午後5時(観覧券販売は午後4時30分まで)
観覧料

当日券 一般1,000円 大学・高校生700円 中学生以下無料
※有料20名以上は団体料金で2割引
※新潟県立植物園および新潟市鉄道資料館の入館券、SLばんえつクーポンを持参の方は2割引
※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料(手帳をご提示ください)
新規ウインドウで開きます。※障がい者、教育・保育活動などの観覧料の免除について(PDF:124KB)

前売券

前売券 一般800円(一般のみ) 
7月1日(日曜)から8月31日(金曜)まで下記の取扱所で販売します。
前売券取扱所/
セブン-イレブン、新潟伊勢丹、トップトラベル新潟(Dekky401内)、
文信堂長岡店(長岡駅CoCoLo内)、インフォメーションセンターえん(メディアシップ1F)、
シネ・ウインド、新潟県立近代美術館・新潟県立万代島美術館の各ミュージアムショップ、
新潟市職員生活協同組合、新潟市美術館、新潟市新津美術館 
※新潟県立近代美術館ミュージアムショップでの取り扱いは7月1日(日曜)まで。
※文信堂長岡店での取り扱いは7月20日(金曜)から。
※NIC新潟日報販売店でもお取り寄せできます。

主催

リサ・ラーソン展新潟展実行委員会、新潟市新津美術館、新潟日報社、UX新潟テレビ21

後援

スウェーデン大使館、
朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、
NCV新潟センター、エフエムラジオ新潟、FM PORT 79.0、FM KENTO、
ラジオチャット・エフエム新津、エフエム角田山ぽかぽかラジオ

特別協力 ロェースカ美術工芸博物館
協賛

フィンエアー、フィンエアーカーゴ、カーテン専門館デコワールド、万代シテイビルボードプレイス

企画 アートインプレッション、松屋
企画協力 トンカチ
協力 ISANA
あいてマンデ~!

月曜でも開館します。今回は11月5日(月曜)です。

こどもタイム

会場に音楽が流れます。親子で会話を楽しみながらご鑑賞ください。
日時:会期中の第1・第3の木曜・日曜
(9月2日、6日、16日、20日、10月4日、7日、18日、21日、11月1日、4日)
午前10時から午後1時

託児サービス(無料)

専門スタッフがお子様をお預かりします。
対象:生後6ヶ月から就学前のお子様
定員:3名程度(先着順)
鑑賞のための託児サービス
日時:会期中の第2・第4の木曜・土曜
(9月8日、13日、22日、27日、10月11日、13日、25日、27日、11月8日、10日)
午前10時から正午
申込み:利用日の3日前までに電話:0250-25-1300でお申込みください。
イベント参加のための託児サービス
日時:9月17日(月曜・祝日)、10月6日(土曜)、21日(日曜)、11月4日(日曜)
イベント開始30分前から終了30分後
申込み:利用日の7日前までに電話:0250-25-1300でお申込みください。

展覧会の見どころ

本展は、第一部「回顧展パート」と第二部「コンテンポラリーパート」で構成されております。パートごとにその魅力をご紹介します。

1.回顧展パート Retrospective part/初期から現代までの代表作を、リサを象徴するテーマごとに展示

回顧展パートは、2016年にスウェーデンのロェースカ美術工芸博物館で開催された回顧展「リサ・ラーソンの作陶60年」
をもとに構成されています。作品を年代順に展示するのではなく、「鳥」や「イヌ」、「姉妹」や「男と女」といった
テーマごとに分類することで、リサの関心や作陶の特徴をみることができます。《ネコのミア(大きな動物園シリーズ)》
や「ABC少女シリーズ」など、リサを代表する作品も勢ぞろいです。

リサ・ラーソン (c)Lisa Larson/Alvaro Campo
1:《ネコのミア(大きな動物園シリーズ)》1990年(オリジナルは1966年)
2:《水玉スパニエル(ケンネルシリーズ)》1972~83年
3:《シャルロッタ、ベアータ、アマーリア、エンマ(ABC少女シリーズ)》1958~73年

2.コンテンポラリーパート Contemporary part/ユニークピースを中心に、芸術家としてのリサの知られざる一面を紹介

コンテンポラリーパートは、リサ本人が所蔵するユニークピースを中心に展示します。展示構成は、息子の
マティアス・ラーソンが担当しました。ユニークピースは量産を目的とせず制作された世界で一点の作品のことです。
日本ではネコやはりねずみのキャラクターで広く知られるリサですが、86歳となった現在もなお芸術家、陶芸家として
精力的に作品制作に取り組んでいます。ユーモラスな造形や人間の繊細な感情の動きを感じさせる作品群に、
新たなリサの魅力をみることができます。併せて、画家である夫のグンナル・ラーソンの作品もご覧いただきます。
リサは、グンナルが自身の制作に大きな影響を与えていると繰り返し語っています。
また、本展では長女ヨハンナ・ラーソンのニットによる作品も展示します。互いに尊敬し合い高め合う芸術一家の魅力をご紹介いたします。

(c)Lisa Larson/Alvaro Campo
4:リサ・ラーソン 《フェミニズム》2006年
5:リサ・ラーソン 《カップの中の男》1979年
6:グンナル・ラーソン 《ブルーの中で》2015年

展覧会を見た後は、、、展覧会公式グッズや新作アイテムが大集合!リサ・ラーソンSHOPへ

限定陶器やお菓子、雑貨やバッグなど、幅広いアイテムが揃います。ヴィンテージ作品もお見逃しなく。

商品に関しては、以下のサイトからもご覧いただけます。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。リサ・ラーソン展公式サイト(外部サイト)

※商品の仕様や価格が変更となる場合があります。
※商品は数に限りがございます。予めご了承ください。

関連イベント

担当学芸員によるギャラリートーク

日時 平成30年9月17日(月曜・祝日)、10月6日(土曜) 各日午後2時から(30分程度)
会場 新潟市新津美術館 企画展示室内
申込み不要、参加無料(ただし展覧会の当日観覧券が必要)。

美術講座

時間 午後1時30分から3時
会場 新潟市新津美術館 市民ギャラリーもしくはレクチャールーム
申込み不要、聴講無料。

・平成30年10月21日(日曜) 「京都を彩った日本画家たち」
 横山秀樹(新潟市新津美術館 館長)
・平成30年11月4日(日曜) 「工芸にみる動物のかたち」 
 奥村真名美(新潟市新津美術館 学芸員)

長女ヨハンナ・ラーソン考案 マイキーポップアップカード作成コーナー

リサ・ラーソンを代表する猫のキャラクター、マイキーのポップアップカードを作成できる特設コーナーを館内に設置。
色鉛筆や消しゴムハンコを使って飾り付けたカードは来館記念にお持ち帰りいただけます。

リサ・ラーソン展ポップアップカード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化スポーツ部 新津美術館
〒956-0846 新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1
電話:0250-25-1300 FAX:0250-25-1303

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新津美術館
新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1
電話:0250-25-1300

新着情報

カフェ、ショップ、通信販売

授業でご利用の方へ(教育、保育活動など)

障がいのある方へ

家族で楽しむために(無料託児サービスなど)

周辺の施設

お知らせ一覧

よくある質問

新津美術館公式ソーシャルメディア

新規ウィンドウで開きます。新潟市美術館(外部サイト)

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

新津美術館 NIITSU ART MUSEUM 新潟市新津美術館

〒956-0846 新潟県新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1 電話:0250-25-1300 FAX:0250-25-1303 MAIL:museum.ni@city.niigata.lg.jp
開館時間 午前10時から午後5時(観覧券販売は午後4時半まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館)、展覧会準備期間、年末年始 ※月曜日開館日もあり
© 2017 Niitsu Art Museum.
フッターここまでこのページのトップに戻る