このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

南区PR大使に就任した加藤美南さん、水澤彩佳さんにインタビューしました

最終更新日:2016年5月9日

南区PR大使のお2人に今後の抱負などをお聞きしました

自己紹介をお願いします

(水澤さん)
NGT48の「みーずん先生」こと水澤彩佳です。南区出身なのでPR大使に就任することができて、とてもうれしく思います。

(加藤さん)
 「かとみな」こと加藤美南です。わたしは、白根にはバトントワーリングを習っていたときに毎日通っていました。新潟市の中心部からは南区は少し遠いですが、劇場にも足を運んでもらえるように、一生懸命PR活動したいです。

最近夢中になっていることは?

(水澤さん)
 わたしには2歳と5歳の妹がいまして、子どもが大好きなので溺愛しています。妹の動画とか撮ったりしていて、それがブームです。

(加藤さん)
 わたしは、生活リズムを整えることにちょっとにのめりこんでいます。朝起きてから一番にすることとか、寝る前に必ずすることとかを決めるようにしています。
 あと、ちょっとはまっていることが、体育館を見ることなんです。体育館の個性というか、そういうのが好きです。
 新潟市内の体育館はたぶん全部回っていると思いますが、横越体育館と東総合スポーツセンターが好きです。でもやっぱり1位は、苦い思い出もあるんですが、白根カルチャーセンターが天井も高くて好きです。
 小学生の頃、白根カルチャーセンターでバトンのチームの大会があって優勝した思い出があります。

南区PR大使に就任しての抱負は?

(水澤さん)
 わたしは南区出身なので、育ててくれた南区に恩返しできるように、たくさんの魅力をアピールしていきたいです。
 子どもが好きというのもあって、小さいときに地元のお祭りの踊り子をしていたので、子どもたちとお祭りに参加する機会があったらいいなと思ってます。
 初めてPR大使就任についてお話を聞いたときは「えー?!」って本当にびっくりしました。びっくりした気持ちと、あと、うれしい気持ち。生まれ育った南区のPR大使になれるんだっていう。なんか、わたしでいいのかな、とも思うんですけど、なったからには精一杯がんばりたいです。

(加藤さん)
 わたしは名前が「みなみ」ということもあって、今回、南区のPR大使をさせていただくことになったんですが、「美南」と「南区」を好きになってもらえるような活動をしていきたいです。この名前で本当によかったです。
 楽しみにしていることが、フルーツを、春夏秋冬でいろんなシーズンにあわせた季節のフルーツがあると思うんですけど、そのフルーツ狩りとか、そういうイベントとかには積極的に出たいです。

南区の印象は?

(水澤さん)
 自然がいっぱい。わたしの小学校も田んぼとかに囲まれていて、マラソンコースも農道だったので、そういう自然の中で育ちました。

(加藤さん)
 わたしは中央区の万代とかばかりに行っていたので、南区はあまり来ることはなかったんですけど、思った以上に遠いな…と(笑)
 これからもっと南区のことを知っていきたいです。

南区で気になる場所や印象に残っている場所は?

(加藤さん)
 白根大凧合戦の合戦場になる中ノ口川堤防です。そこに行ってみたいです。

(水澤さん)
 ひとつは、地元のお祭りがすごくにぎわうんです。その風景と、あと、小学校のときに梨農園の花粉付けしている様子を絵に描いて特選をとったので、それがけっこう思い出なので、そういう果樹園の風景が印象に残っていますね。

県外・市外の人に南区のPRをご自分の言葉で伝えるとしたら?

(加藤さん)
 わたしは、今回、初めてアグリパークにお邪魔したんですが、そこは本当にいろんな体験もできるし、ファミリーで来ても一日楽しめると思います。例えばアグリパークで一日泊まって、そこから劇場に来てもらうのもありかなと思って。
 アグリパークは全国初の公立教育ファームでレストランなどもあるので、ちょっとした打ち上げにもいいですね。

(水澤さん)
 やっぱりフルーツですね。ル レクチエとかおいしいフルーツがたくさんなので、フルーツのまちをぜひ推していきたいです。

新潟市の全国発信についてどう思いますか?

(加藤さん)
 わたしたちから発信するのはもちろんですけど、新潟市の人が県外の人に発信して、一緒に発信していけたら一番いいと思います。
もっと県外から来てくれた人が、新潟市の新しいところを知ってもらえるような、そういう活動ができたらいいなと思います。

南区の皆さんへのメッセージをお願いします

(水澤さん)
 生まれ育った南区のために、恩返しできるように精一杯がんばります!よろしくお願いします!

(加藤さん)
 わたしの名前が「みなみ」なので、南区のみなさんにまずわたしのことを好きになってもらって、わたしも自信をもって南区をPRできたらいいなと思います。

関連リンク

このページの作成担当

南区役所 地域総務課
〒950-1292 新潟市南区白根1235番地
電話:025-372-6621 FAX:025-373-2385

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

南区PR大使

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒950-1292 新潟市南区白根1235番地 電話 025-373-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る