このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

2018年5月29日 南区PR大使の加藤美南さんと中村歩加さんが、しろね大凧と歴史の館「1日館長」として活動しました。

最終更新日:2018年8月1日

しろね大凧と歴史の館「1日館長」としての活動を紹介します。

「1日館長」委嘱状交付式・園児への展示物紹介

5月29日、南区PR大使のNGT48加藤美南さんと中村歩加さんが、しろね大凧と歴史の館「1日館長」として活動しました。まず館内で、PR大使のお2人に渡辺区長から「1日館長」の委嘱状が交付されました。同館に遊びに来た地元の、小林保育園児からは、加藤さんの新チームNIIIキャプテン就任と、中村さんの研究生から正規メンバーへの昇格をお祝いに花束が手渡されました。

お2人は早速、「1日館長」として、園児の皆さん約30人に館内をご案内しました。まず、白根大凧合戦についての映像を見てもらいました。園児の皆さんは凧合戦の迫力に大興奮(ドキドキ)!

映像を見た後は、多数展示されている凧の説明をしながら、館内を回りました。お2人からは、クイズを出題するなど、園児の皆さんが楽しめるように工夫しながら案内していただきました。

白根高校凧部の表敬訪問

次に、「1日館長」として、白根高校凧部の生徒さんから表敬訪問を受けました。皆さんからは、今年参加する凧合戦にかける熱い意気込みが伝えられました。お2人は「どうして凧部に入りたいと思ったのですか?」「普段はどんな活動をしているのですか?」「凧部に入ってよかったことは?」「凧作りで難しいところは?」などと、熱心に質問していました。
皆さんからは「白根で生まれ育ったので、白根らしいことがしたいと思い入部した」「部員がみんなで同じ目標に取り組むので、仲良くなれるのがいい」「勝敗も大事だけど、凧合戦でいい思い出を作りたい」などの発言がありました。最後にお2人からは、凧合戦での健闘を祈って書いた、応援メッセージ凧がプレゼントされました。

表敬訪問のあと、凧合戦で使用する巻凧の試し揚げが行われました。当日は絶好の凧揚げ日和で、凧が舞い上がると、お2人からは「うわー、すごい!」と歓声が上がり、空高く舞い上がる凧をいつまでも見守っていました。(今年、白根高校凧部は、優勝の部31位、技能の部25位でした。凧部の皆さんお疲れ様でした)

コピーライト

今回、お2人が「1日館長」と務めた、しろね大凧と歴史の館は、国内と世界各地の珍しい凧を集めた日本有数の凧の資料館で、館内には600点以上の凧が展示されています。本市にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

このページの作成担当

南区役所 地域総務課
〒950-1292 新潟市南区白根1235番地
電話:025-372-6621 FAX:025-373-2385

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

南区PR大使

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒950-1292 新潟市南区白根1235番地 電話 025-373-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る