潟東樋口記念美術館「絵で見る雛祭りー尾竹越堂・國観、安宅安五郎、金子孝信の桃の節句と古今雛ー」

最終更新日:2023年1月20日

概要

 中央区の博物館・美術館・商店など十数か所を中心に例年開かれている『北前船のおくりもの 湊にいがた雛人形・町めぐり』のお雛様巡りの一環で、2023年に当館初の雛人形展を開催しています。新潟の冬場は寒さや荒天のため町ゆく人や博物館・美術館の入館者も激減します。地域や館の活性化のため、お雛様巡りは有効な手段です。
 そもそも当館では、お雛様は所蔵しておらず、地元の方々から借用して展示するものです。ご尊父が当地出身の笹川太郎氏が所蔵する江戸時代後期の古今雛を中心に、明治・昭和戦前・戦後の近世から現代にかけての雛人形の変遷を辿ります。
 戦後復興の経済成長期には段飾り雛や御殿飾り雛などが豪華になりましたが、その後生活様式の変化から床の間が無くなり、軸装の雛絵や掛け軸雛、段飾りの雛人形は廃れ、額装の雛絵や団地サイズの雛人形に置き換わっていきました。そういう意味では、雛人形は社会を映す鏡と言ってよいかもしれません。
 併せて、当館で所蔵する安宅安五郎、金子孝信の桃の節句関連の作品や当地ゆかりの尾竹三兄弟のうちの越堂と國観の雛絵作品を展示しています。作品の比較をとおして作家の個性を味わっていただければ幸いです。

会期

令和5年1月17日(火曜)から令和5年3月26日(日曜)
午前9時から午後4時まで
休館日:毎週月曜(祝日を除く)、祝日の翌日

会場

新潟市潟東樋口記念美術館潟東歴史民俗資料館
(新潟市西蒲区三方92番地)

入館料 大人500円、小・中学生300円(小・中学生:土・日・祝日無料)
お問い合わせ

新潟市潟東樋口記念美術館(電話:0256-86-3444)
又は新潟市潟東地区公民館(電話:0256-86-3077)

ダウンロード

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC

このページの作成担当

西蒲区役所 地域総務課

〒953-8666 新潟市西蒲区巻甲2690番地1
電話:0256-73-1000 FAX:0256-72-6022

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    サブナビゲーションここまで