このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

特定健診・がん検診はお済みですか

最終更新日:2018年1月29日

平成29年度特定健診・がん検診の受診券有効期限は平成30年3月31日(土曜)までです。
年度末は混み合いますので、早めに予約して受診しましょう。

特定健診を受けるにはどうしたらいい?

【新潟市国民健康保険の方】(社会保険加入の方は、保険証の発行元へお問い合わせください)

施設(医療機関)で受ける場合
案内冊子「検診いっ得?」12ページ以降の委託医療機関名簿から受診先を選び、受診先に確認しましょう。
予約が必要な場合が多いため、早めに連絡しましょう。

ミニドック型集団健診で受ける場合
特定健診とがん検診を身近な会場で同時に受診できる集団検診です。
平成29年度の日程はすべて終了しました。
平成30年度の日程は新年度配布される案内冊子に掲載します。

がん検診を受けるにはどうしたらいい?

施設(医療機関)で受ける場合(胃がん、乳がん、大腸がん、子宮頸がん、前立腺がん、ピロリ菌検査、肝炎ウイルス検査)
案内冊子「検診いっ得?」12ページ以降の委託医療機関名簿から受診先を選び、受診先に確認しましょう。
予約が必要な場合があります。

集団健診で受ける場合(肺がん、胃がん、乳がん)
平成29年度の集団検診日程はすべて終了しました。

年齢や性別によって受けられる検診の種類や方法、料金が異なります。
詳しくは受診券裏面か案内冊子「検診いっ得?」の5、6ページをご確認ください。

各種検診を受けるには受診券が必要です(紛失した場合は区役所で再発行できます。)

平成29年度受診券の画像
平成29年度の受診券

受診する

 <特定健診を受診する際の持ち物>
1 受診券 
2 新潟市国民健康保険証
3 質問票
<自己負担額>
40から59歳の人は500円
(非課税世帯の人は申請により無料となります。受診日の10日前までに南区役所健康福祉課へお申し込みください。)
60歳以上は無料


<がん検診を受診する際の持ち物>
1 受診券 
2 健康保険証
3 個人記録票(施設で受ける場合は医療機関にあります)
<自己負担額>
年齢と健康保険証の種類により異なります。
詳しくは受診券の裏面をご確認ください。
(非課税世帯の人は申請により無料となります。受診日の10日前までに南区役所健康福祉課へお申し込みください。)

受診した医療機関で結果の説明を受ける

特定健診の結果で保健指導が必要な数値の方へは、ご案内をお送りする場合があります。
また、定例日健康相談会も開催していますのでお問合せください。

特定健康診査の受診PR用としてチラシを作成しました。

健診PRちらしまんが
健診PRちらし

健診PRちらしフローチャート
受ける検診をフローチャートで確認

南区の健康課題は?

1 脳血管疾患が原因で亡くなる人が、全国と比べ多い
2 健診結果(血液)は概ね良好だが、健診受診率が低い
3 喫煙、毎日飲酒が多く、運動習慣のある人が少ない
4 糖尿病で受診する人の割合が、全市と比べて高い

南区の主な取組は?

受診率の向上 
ミニドック型集団健診
健康的な生活習慣への改善 
はかろう体重!大作戦
病気の重症化予防 
糖尿病予防対策の充実

関連リンク

このページの作成担当

南区役所 健康福祉課
〒950-1292 新潟市南区白根1235番地
電話:025-372-6303 FAX:025-372-4033

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video
〒950-1292 新潟市南区白根1235番地 電話 025-373-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る