このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

ひとり親(おや)の 人(ひと)へ

最終更新日:2022年4月28日

ひとり親(おや)家庭(かてい)<=親(おや)が 1(ひと)人(り)しか いない 家庭(かてい)>を 助(たす)ける ための いろいろな 制度(せいど)が あります。

聞(き)く ところ 区(く)役所(やくしょ)の 健康(けんこう)福祉課(ふくしか)
北区(きたく)役所(やくしょ) 健康(けんこう)福祉課(ふくしか) TEL 025-387-1335
東区(ひがしく)役所(やくしょ) 健康(けんこう)福祉課(ふくしか) TEL 025-250-2330
中央区(ちゅうおうく)役所(やくしょ) 健康(けんこう)福祉課(ふくしか) TEL 025-223-7230
江南区(こうなんく)役所(やくしょ) 健康(けんこう)福祉課(ふくしか) TEL 025-382-4353
秋葉区(あきはく)役所(やくしょ) 健康(けんこう)福祉課(ふくしか) TEL 0250-25-5683
南区(みなみく)役所(やくしょ) 健康(けんこう)福祉課(ふくしか) TEL 025-372-6351
西区(にしく)役所(やくしょ) 健康(けんこう)福祉課(ふくしか) TEL 025-264-7340
西蒲(にしかん)区(く)役所(やくしょ) 健康(けんこう)福祉課(ふくしか) TEL 0256-72-8369

ひとり親(おや)が もらう ことが できる お金(かね)

お金(かね)を もらえる 人(ひと) 次(つぎ)の 1から 8までの どれかの 子(こ)どもを 育(そだ)てている お父(とう)さん、お母(かあ)さん、そのほかの 人(ひと)

  1. お父(とう)さんと お母(かあ)さんが 離婚(りこん)した 子(こ)ども
  2. お父(とう)さんか お母(かあ)さんが 死(し)んだ 子(こ)ども
  3. お父(とう)さんか お母(かあ)さんが 重(おも)い 障(しょう)がいの ある 子(こ)ども
  4. お父(とう)さんか お母(かあ)さんが 生(い)きているか 死(し)んでいるか わからない 子(こ)ども
  5. お父(とう)さんか お母(かあ)さんが 1年(ねん)より 長(なが)く 子(こ)どもの 世話(せわ)を していない とき
  6. お父(とう)さんか お母(かあ)さんが DV保護(ほご)命令(めいれい)<=結婚(けっこん)をした 相手(あいて)や 恋人(こいびと)からの 暴力(ぼうりょく)を 防(ふせ)ぐ 命(めい)令(れい)>を 受(う)けている 子(こ)ども
  7. お父(とう)さんか お母(かあ)さんが 1年(ねん)より 長(なが)く 警察(けいさつ)や 刑務所(けいむしょ)に いる 子(こ)ども
  8. 結婚(けっこん)を しないで 生(う)まれた 子(こ)ども
  • 子(こ)どもが 法律(ほうりつ)で 決(き)まった 施設(しせつ)(保育(ほいく)園(えん)は ちがいます)に 入(はい)っている 人(ひと)、収入(しゅうにゅう)が たくさん ある 人(ひと)は、この お金(かね)を もらうことが できません

お金(かね)を もらえる 期間(きかん) 子(こ)どもが 18歳(さい)に なって はじめての 3月(がつ)31日(にち)まで もらう ことが できます。心(こころ)や 体(からだ)に 重(おも)い 障(しょう)がいの ある 子(こ)どもを 育(そだ)てている 人(ひと)は、子(こ)どもが 20歳(さい)に なるまで もらう ことが できます。

ひとり親(おや)の 人(ひと)が 医療(いりょう)機関(きかん)に 払(はら)う お金(かね)が 少(すく)なく なります。

ひとり親(おや)の 人(ひと)が 使(つか)う ことが できる サービス(さーびす)

サービス(さーびす)の 内容(ないよう)や、サービス(さーびす)を 使(つか)う ための 条件(じょうけん)は、区(く)役所(やくしょ)の 健康(けんこう)福祉課(ふくしか)に 聞(き)いて ください。

  • 児童(じどう)扶養(ふよう)手当(てあて)を もらっている 家庭(かてい)の 人(ひと)は、電車(でんしゃ)の 通勤(つうきん)定期券(ていきけん)が 30% 安(やす)くなる 券(けん)が もらえます。
  • 病気(びょうき)や けがを して 困(こま)った とき、家庭(かてい)生活(せいかつ)支援員(しえんいん)が 家(いえ)で 食事(しょくじ)や 洗濯(せんたく)などの 手(て)伝(つだ)いを します
  • 安定(あんてい)した 生活(せいかつ)の ために 必要(ひつよう)な お金(かね)を 借(か)りる ことが できます。仕事(しごと)を 探(さが)したり、資格(しかく)を 取(と)ったり する ための 手(て)続(つづ)きを 手(て)伝(つだ)います。
  • 子(こ)どもを 育(そだ)てている お母(かあ)さんの 自立(じりつ)<=自分(じぶん)の 力(ちから)で 生(い)きる ことが できる こと>と 安定(あんてい)した 生活(せいかつ)の ために、お母(かあ)さんと 子(こ)どもが 住(す)む ことが できる 施設(しせつ)が あります。

このページの作成担当

政策企画部 広報課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館4階)
電話:025-226-2111 FAX:025-223-5588

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る