このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成25年度 水道水に関するアンケート調査

最終更新日:2014年3月14日

水道局では、お客さまの水道事業に対する意識や水の利用状況をお聞きし、今後の事業運営の基礎資料とするために、アンケート調査を実施しました。
このたび結果がまとまりましたので、お知らせします。

調査の概要

調査目的

水道事業に対するお客さまの評価や意見を的確に把握し、今後の水道事業運営の基礎資料とするとともに、各種施策の見直しなどに反映させていく。

調査対象

平成25年9月19日現在で新潟市の上水道を利用している事業所

抽出方法

無作為抽出法(検針のためのお客さま情報から無作為に抽出)

調査方法

郵送法

調査期間

平成25年10月2日(水曜)から平成25年10月16日(水曜)までの15日間

最終(確定)回収率

53.4パーセント

  • 調査票発送数 958件
  • 調査票有効回収数 512件

調査項目

  1. 水道水の節水意識や利用状況に関する設問
  2. 災害時における飲料水の確保と水道局の災害対策に関する設問
  3. 水道局の広報・PRに関する設問
  4. 事業運営全般に関する設問

主な結果の概要

水道水の節水意識や利用状況

日ごろ、節水を意識して水道水を使用しているかどうかについて、「まめに節水している」「ある程度節水をしながら使っている」と答えた事業所が合わせて41.5パーセントであった。また、節水を行っている事業所に対し、節水の目標値について聞いてみたところ、「目標値はない」と答えた事業所が71.4パーセントと高く、節水を意識しながらも具体的な目標値を立てて取り組んでいる事業所は少ないことがわかる。
 水道水の利用状況については、「飲用」「飲用以外の生活用水」「業務用」「設備用」の各用途において、「水道水」を利用している割合が90パーセントに達しており、全ての用途において水道水の使用が基本となっていることが伺える。

災害時における飲料水の確保と災害対策

東日本大震災発生以降の水に対する意識の変化については、「変わらない」が40.2パーセントと最も高かった。
また、災害に備えた飲料水の備蓄については、「備蓄をしている」は全体では22.6パーセントであったが、業種別にみると、医療・福祉の分野では55.8パーセントの事業者が「備蓄をしている」という回答であった。
水道局が行う災害対策として、優先的に実施した方がよいと思う取組みについては、「地震に強い水道管への入替えによる耐震化」が55.3パーセントと最も高いが、他の取組みについても要望が高く、全体的にみると差は少ない。

水道局の広報・PR

現在利用している広報媒体は、「市報にいがた」が35.5パーセントと数ある媒体の中で最も高いが、それ以上に「利用していない」が45.2パーセントと最も高い。
 今後力を入れてほしい媒体は、「市報にいがた」が42.0パーセントと最も高く、次いで「テレビでの広報」30.4パーセント、「新聞での広報」28.2パーセント、「ホームページ」27.4パーセントと一般的な媒体が高いが、「検針票の裏面」26.5パーセントや「広報紙(水先案内)」24.8パーセントの2つの水道局独自媒体についても、高い要望がある。
 必要と考える水道局からの情報やお知らせについては、「水道水の水質検査結果」「断水・漏水などの工事情報」「災害対策の取組み」「水道水の節水方法や活用方法など」が50%を超えている。

事業運営に対する総合的な満足度

「どちらともいえない」が57.7パーセントと最も高く、「満足」「やや満足」と答えた事業所の割合は35.6パーセントであった。

優先的に実施すべき取組み

優先的に実施すべき取組みの1位から3位(それぞれ上位3つ)は、下表のとおりだった。

表:優先順位1位〔単位:パーセント〕
取組み内容 割合
水質検査の強化など、水道水の安全性を確保していくための取組み 48.6
古くなった水道施設を計画的に改良・更新するなど、将来にわたって安定して水道を供給するための取組み 21.9
地震に強い水道管の整備など災害対策の強化 17.0
表:優先順位2位〔単位:パーセント〕
取組み内容 割合
古くなった水道施設を計画的に改良・更新するなど、将来にわたって安定して水道を供給するための取組み 28.6
地震に強い水道管の整備など災害対策の強化 28.6
水質検査の強化など、水道水の安全性を確保していくための取組み 20.5
表:優先順位3位〔単位:パーセント〕
取組み内容 割合
古くなった水道施設を計画的に改良・更新するなど、将来にわたって安定して水道を供給するための取組み 25.6
地震に強い水道管の整備など災害対策の強化 25.1
水質検査の強化など、水道水の安全性を確保していくための取組み 12.8

水道局の取組みと水道料金との関係

水道料金が高くなっても積極的に推進してほしい取組みで最も高い割合だったのは、「災害対策の強化」で19.1パーセントであった。一方、すべての項目で「現状の料金水準で推進してほしい」という回答が最も多く、最も高い割合だったのは、「水質検査の強化など、水道水の安全性を確保していくための取組み」で82.0パーセントであった。

平成25年度「水道水に関するアンケート調査」報告書

表紙・目次

第1章 調査の概要

第2章 調査結果の分析

資料編

全文一括ダウンロード

※ファイルサイズにご注意ください。
※報告書は、市役所1階市政情報室でもご覧になれます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

水道局 総務課
〒951-8560 新潟市中央区関屋下川原町1丁目3番地3(水道局本局本庁舎3階)
電話:フリーダイヤル0120-411-002(ご利用できない場合は025-266-9311) FAX:025-233-4503

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る