このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

熱中症の発生状況と予防ついて

最終更新日:2019年6月14日

今年5月から9月までの新潟市における熱中症搬送数は409名で 昨年の同時期と比較して約2倍の増加となりました。特に7月は前年の2倍以上の発生数となりました。

昨年の約2倍の発生数

最高気温と熱中症発生について

下のグラフから 最高気温が30度を超える日に熱中症傷病者が多く発生していることがわかります。

最高気温と熱中症発生数

月別発生状況

気温の高い7月8月に多く発生しており 発生数は昨年の約2倍となりました。

月別熱中症発生数

場所別発生状況

屋内での発生が屋外よりも多い傾向にあります。

場所別熱中症発生数

熱中症の予防

子どもの熱中症予防

高齢者の熱中症予防

熱中症の応急手当

熱中症の応急手当

こんな時はためらわず119番!

自分で水分補給ができなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない。
意識がない(おかしい)、全身のけいれんがあるなど。

このページの作成担当

消防局 救急課
〒950-1141 新潟市中央区鐘木257番地1
電話:025-288-3260 FAX:025-288-3215

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る