このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

消防訓練

最終更新日:2012年6月1日

新潟市消防局では、火災・災害に備えてさまざまな消防訓練を行っています。
どんな訓練があるのでしょうか?
ここでは、さまざまな消防訓練について説明します。

消防出初式

昔からの消防の伝統行事で、一年間の無火災と無病息災を祈り行われるものです。
現在では、正月の風物詩となっています。
新潟市では古町通りをさまざまな消防車が分列行進をして、その後、万代橋下流の両岸に分かれ一斉放水をします。
その光景は勇壮でまさに炎に立ち向かう男の心意気が感じられます。

防災訓練

新潟市は新潟地震という大災害に遭遇し、市民の力で現在の街が発展してきました。
その貴重な教訓を忘れることなく毎年6月には防災訓練が行われています。
また阪神大震災や中越地震といった大災害もあったことから市民の防災意識も一層強くなっていました。
「させられる訓練から自分たちで創る訓練へ」
新しい訓練の始まりです。

集団救急訓練

現代は思いもよらない事件・事故が発生し、多数の傷病者が出ることが予想されます。
そのような状況でも適切な救急処置、搬送を行うために医師の方々と合同で訓練を行い、集団救急事故の危機管理に努めています。

春・秋の火災予防運動訓練

春・秋の火災予防運動に伴い、火災予防の啓発と消防技術の向上と目指して市内各地で消防訓練を実施しています。

石油コンビナート災害訓練

新潟市には、日本海側有数の大規模石油コンビナート施設があります。
新潟地震では石油コンビナート火災も経験しています。
時代の発展とともに石油コンビナート施設も複雑化し有事の危機管理に努めなければなりません。
新潟市消防局は石油コンビナート施設の関係者と合同で石油コンビナート災害訓練を実施しています。

特殊災害対応訓練

世界各国でテロの脅威が高まり、警戒が強化されるなか、日本でも異物置き去り事件や異臭騒ぎなど起こりうる災害に対応すべく、訓練を行っています。

日常訓練

さまざまな消防訓練を紹介してきましたが、日ごろの訓練の積み重ねが有事の際の冷静な状況判断能力や不屈の精神を養うと考えています。
常に防災のスペシャリストとしての誇りを胸に市民生活の安全を守るため訓練に励んでいます。

問合せ先

新潟市消防局警防課
電話:025-223-6253
FAX:025-223-3219
E-mail:keibo.fb@city.niigata.lg.jp

このページの作成担当

消防局 警防課
〒950-1141 新潟市中央区鐘木257番地1
電話:025-288-3250 FAX:025-288-3255

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る