このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

子育て世帯への臨時特別給付金について

最終更新日:2020年5月26日

子育て世帯臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援するため、児童手当(本則給付)を受給する世帯に対し、臨時特別給付金(一時金)を支給します。

令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金の概要

1 支給対象者

令和2年4月分の児童手当(本則給付)の受給者
※令和2年度から高校1年生になった児童がいる場合は、令和2年3月分の児童手当(本則給付)の受給者であれば、対象となります。
※児童1人につき5千円を受給する特例給付受給者は、支給対象外です。

2 対象児童

令和2年4月分の児童手当(本則給付)の対象となる児童
※令和2年3月31日までに生まれた児童が対象です。
※令和2年度から高校1年生になった児童がいる場合は、令和2年3月分の児童手当(本則給付)の対象であれば、対象児童となります。

3 支給額

対象児童1人当たり1万円(1回限り)

4 支給方法

(1)一般受給者の方

原則、申請は不要です。
対象者の方には、5月25日(月曜)に案内を発送し、児童手当の振込口座へ6月15日(月曜)(児童手当支給日)に振り込みます。
※給付金の受け取りを希望しない場合は、案内に同封する下記書類を6月2日(火曜)までに提出してください。

※令和2年度から高校1年生になった児童がいる受給者の方で、児童手当の振込口座(4月に児童手当が振り込まれた口座)から変更がある場合は、下記書類を6月2日(火曜)までに提出してください(期限までに提出できない場合、支給が遅れることがあります)。

(2)公務員の方

公務員の方は、申請が必要です。
所属庁から受給状況証明を受けた申請書にて、申請してください。
申請書受付期間は、6月1日(月曜)から11月30日(月曜)までです。申請書受付確認後、7月以降に支給します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、郵送での申請書提出にご協力ください。
提出先:〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 新潟市役所 こども家庭課

5 配偶者からの暴力を理由に避難されている方へ

配偶者からの暴力を理由に、児童とともに避難されている方については、令和2年4月分の児童手当の支給を配偶者が受けている場合でも、給付金を受給できる場合があります。
お早めに、こども家庭課 給付管理係 (電話025-226-1201)へご相談ください。

市役所コールセンター

「子育て世帯への臨時特別給付金」に関するお問い合わせは、市役所コールセンターで受け付けています。
制度の概要についてのお問い合わせは、下記コールセンターをご利用ください。

電話:025-243-4894
開設時間:午前8時から午後9時まで(土曜、日曜、祝日を含み年中無休)

関連リンク

様式集

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

こども未来部 こども家庭課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1201 FAX:025-228-2197

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

子どもに関する手当

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る