このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

にいがた市民大学特別講座「日本酒学いらっしゃい」

最終更新日:2020年2月29日

※第3回(3月4日)の開催を中止しました。(受講者の皆さまには個別に連絡いたします。)
※募集は終了しました。

令和元年度 生涯学習センター 主催事業

趣旨

~にいがた市民大学「日本酒学への招待」アンコールセミナー~
にいがた市民大学を3回の特別講座としてギュッと凝縮しました。
日本酒を学問として学び、日本酒の魅力や楽しさを深く感じる講座です!

プログラム

日時 テーマ 内容 講師
1

令和2年2月21日(金曜)
午後7時から午後8時45分

新潟での酒造り

日本酒学の概要について知り、蔵元から酒造りの思い・魅力・苦労・消費者との関係づくりについて学びます。また、時代と共に変わりゆく商品やこだわりの商品について、消費者と製造者それぞれの視点での商品開発を学びます。【試飲あり(有料)】

新潟大学経済学部(日本酒学センター) 助手渡辺英雄(わたなべひでお)さん
講師笹祝酒造株式会社6代目蔵元笹口亮介(ささぐちりょうすけ)さん

2

令和2年2月26日(水曜)
午後7時から午後8時45分

酒の物語を伝える

酒店(販売店)と蔵元とのつながりについて学びます。また、酒(商品)に込められた思いや酒が持つ個性に加え、酒の物語を添えて最前線で消費者と向き合う日本酒の案内人(販売者)の魅力や苦労、人情を学びます。

地酒防衛軍吉川酒店隊長(代表) 吉川章大(よしかわあきひろ)さん
新潟大学経済学部(日本酒学センター) 助手渡辺英雄(わたなべひでお)さん

3

令和2年3月4日(水曜)
午後7時から午後8時45分

にいがた酒の陣に向けて 酒蔵の思いや願いとともに、酒の陣の仕かけや舞台裏、こぼれ話について学びます。

にいがた酒の陣実行委員会
実行委員長(麒麟山酒造株式会社代表取締役社長) 齋藤俊太郎(さいとうしゅんたろう)さん
副実行委員長(今代司酒造株式会社代表取締役社長) 田中洋介(たなかようすけ)さん
進行
新潟大学経済学部(日本酒学センター) 助手渡辺英雄(わたなべひでお)さん

会場

生涯学習センター(新潟市中央区礎町通3ノ町2086番地 クロスパルにいがた)

対象

新潟市に在住・在勤・在学の方

定員

100人程度(応募者多数の場合は抽選。)

受講料

3,000円(2月中旬頃、受講決定通知と一緒に納付書を送付する予定です。)
※別途実費(日本酒の試飲500円)あり。第1回(2月21日)受付時に現金で納入。

申し込み

受付期間:令和2年1月15日(水曜)から2月5日(水曜)
1.新潟市役所コールセンター(電話:025-243-4894)へ

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

生涯学習センター
〒951-8055 新潟市中央区礎町通3ノ町2086
電話:025-224-2088 FAX:025-223-4572

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

にいがた市民大学

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る