このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

語り継ぐ小須戸の文化~地域の歴史と信仰編~

最終更新日:2019年10月30日

事業は終了しました。ご参加いただきありがとうございました。

概要

地域学講座5年目の今年は、小須戸の歴史を「西郷(せご)どん」の活躍した時代に合わせて辿ってみます。
世の中が大きく変わった激動の時代。実は小須戸もその歴史の影響を大きく受け、揺れ動いていたのです。また「信仰編」では、明治から大正、昭和、平成の神社の変遷を通して、当時の小須戸の人々営みを探ります。さあ皆さん、今年も楽しい歴史の時間の始まりです。

日時

令和元年9月20日(金曜)、9月27日(金曜)、10月4日(金曜)、10月11日(金曜)、10月18日(金曜)
午前9時30分から午前11時30分
全5回

会場

新潟市小須戸まちづくりセンター ほか

対象

成人 先着30名(第4回10月11日(金曜日)のみ先着20名)

参加費 無料
持ち物 筆記用具
お申込方法 小須戸地区公民館 電話:0250-25-5715へ
申込期間:8月16日(金曜)から9月13日(金曜)
お問い合わせ 小須戸地区公民館(電話:0250-25-5715)

・希望回のみの受講も可能です。

プログラム

実施日 テーマ・講師 内容
1

令和元年9月20日(金曜)

西郷(せご)どんの頃の小須戸-幕末-」

元小須戸町役場職員(もとこすどまちやくばしょくいん) 青木 達男(あおき たつお) さん
元小須戸町史編纂委員(もとこすどちょうしへんさんいいん) 木村 宗文(きむら もとふみ) さん

小須戸町史及び本多家文書(ほんだけもんじょ)白檮園雑記(はくとうえんざっき)」、「私用日記(しようにっき)」より幕末の頃の小須戸の歴史を辿る。

2

令和元年9月27日(金曜)

西郷(せご)どんの頃の小須戸-維新(いしん)-

元小須戸町役場職員(もとこすどまちやくばしょくいん) 青木 達男(あおき たつお) さん
元小須戸町史編纂委員(もとこすどちょうしへんさんいいん) 木村 宗文(きむら もとふみ) さん

小須戸町史及び本多家文書(ほんだけもんじょ)白檮園雑記(はくとうえんざっき)」、「私用日記(しようにっき)」より維新の頃の小須戸の歴史を辿る。

3 令和元年10月4日(金曜)

「小須戸の町・村と社寺

元小須戸町役場職員(もとこすどまちやくばしょくいん) 青木 達男(あおき たつお) さん
元小須戸町史編纂委員(もとこすどちょうしへんさんいいん) 木村 宗文(きむら もとふみ) さん

明治16年、大正2年の小須戸神社明細帳と現在を比較して
小須戸の人々の営みを探る。

4

令和元年
10月11日
(金曜)

「小須戸の神社探訪(お出掛け・調査)
元小須戸町役場職員 青木 達男(もとこすどまちやくばしょくいん あおき たつお) さん
元小須戸町史編纂委員 木村 宗文(もとこすどちょうしへんさんいいん きむら もとふみ) さん

お出掛け、調査
小須戸地内の神社巡り

4 令和元年10月18日(金曜)

「歴史よもやま話(茶話会)」
元小須戸町役場職員(もとこすどまちやくばしょくいん) 青木 達男(あおき たつお) さん
元小須戸町史編纂委員(もとこすどちょうしへんさんいいん) 木村 宗文(きむら もとふみ) さん

講座の振り返り、雑談、質問コーナー

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

小須戸地区公民館
〒956-0101 新潟市秋葉区小須戸120番地5
電話:0250-25-5715 FAX:0250-38-5210

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る