このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成27年度 史跡古津八幡山遺跡 企画展・講演会等の記録

最終更新日:2018年1月23日

企画展1「古津八幡山古墳の築造と復元整備」関連講演会

「古津八幡山古墳の過去と未来 歴史的意義と保存活用」

平成27年4月29日、群馬県高崎市教育委員会の若狭 徹氏を講師に迎え、ご講演いただきました。
講演会では古津八幡山遺跡の歴史的な位置づけや群馬県の古墳についてお話されました。
また、ご自身が担当された群馬県高崎市保渡田古墳群の復元整備や古墳を活かした市民活動の様子も紹介してくださいました。

講演会で使用されたスライド画像は下記よりダウンロードできます。
サイズが大きいため分割しています。
当日配布資料はございません。

企画展2「蒲原の王墓 古津八幡山古墳と豪族の屋敷」関連講演会

「越佐における古墳時代豪族居館関連遺跡について」

平成27年7月18日、新潟大学の橋本 博文氏を講師に迎え、ご講演いただきました。
講演会では古津八幡山古墳と麓の舟戸遺跡との関係についてお話されました。

講演会で使用されたスライド画像と当日配布資料は下記よりダウンロードできます。
サイズが大きいため分割しています。

企画展3「邪馬台国の時代1 北陸と会津を結んだ古津八幡山 東北南部(会津)の世界」関連講演会

「北陸と会津を結んだ 古津八幡山遺跡 弥生時代後期の村・土器から探る」

平成27年10月25日、新潟県教育庁文化行政課の滝沢規朗氏を講師に迎え、ご講演いただきました。
講演会では土器・石器・鉄器・青銅器などから古津八幡山遺跡が営まれた時代情勢を広域的にお話されました。

講演会で使用されたスライド画像と当日配布資料は下記よりダウンロードできます。
サイズが大きいため分割しています。

企画展4「邪馬台国の時代2 縄文のある弥生土器 新潟県北部(阿賀北)の世界」関連講演会

「古津八幡山から見た卑弥呼の時代の阿賀北 いろいろわかってきた弥生時代後期の新潟北部」

平成28年3月6日、村上市教育委員会の野田豊文氏を講師に迎え、ご講演いただきました。
講演会では弥生時代後期の社会情勢の解説や古津八幡山遺跡と阿賀北の遺跡を比較しながら両者の関係性をお話されました。

講演会で使用されたスライド画像と当日配布資料は下記よりダウンロードできます。
サイズが大きいため分割しています。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化財センター(まいぶんポート)
〒950-1122 新潟市西区木場2748番地1
電話:025-378-0480 FAX:025-378-0484

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

企画展・講演会・シンポジウムの記録

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る