このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

ドクゼリによる食中毒に注意しましょう

最終更新日:2015年8月28日

平成25年3月31日、新潟市内でドクゼリをセリと誤食したことによる食中毒が発生しました。

  • 種類の判定のできない野草は、

 「採らない」、「食べない」、「売らない」、「人にあげない」!

  • 山菜と有毒植物が混生することがあるので、よく確認して採るようにしましょう。

 また、調理前にも再度確認してください。

ドクゼリとは

  • 日本では、北海道、本州、四国、九州に分布しています。
  • 小川、浅い池、沼、湿地などの水分の多いところに自生する大型の多年草で、80センチメートルから100センチメートル位になります。
  • 生育地には、食用となるセリとドクゼリとが混在しているので注意が必要です。
  • 若い葉や花は食用のセリに酷似しています。春先の山菜採りの時期は草丈が短いため、葉はセリ、根茎はワサビと間違いやすく、注意が必要です。
  • 成長すると草丈が大きくなり、根茎は辛みがなく、地下茎が太く緑色でタケノコ状の節があることが特徴です。
  • 全草に猛毒のポリイン化合物(シクトキシン類)を含有しています。

ドクゼリによる中毒症状

  • 喫食より30分以内の短い潜伏期間の後に発症します。
  • 主な症状は嘔吐、下痢、腹痛など。重症になると意識障害、痙攣、呼吸困難などを呈することもあります。

関連リンク

このページの作成担当

保健衛生部 保健所食の安全推進課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8226 FAX:025-246-5673

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る