このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

結核に感染した場合、勉強やスポーツで注意することはありませんか?

更新日:2012年6月1日

予防内服をした場合、その後発病するかどうかに最も影響するのは、きちんと薬を服用するかどうかです。 したがって、予防内服をしている間でも、きちんと薬さえ服用していれば、勉強やスポーツを特に制限する必要はないと考えられています。

関連リンク

新潟市総合保健医療センター

けんこう広場 ROSAぴあ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 感染症情報 (外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟県 感染症情報(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国立感染症情報センター 鳥インフルエンザ(外部リンク)

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8183 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る