このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

ミズアオイ植栽事業

最終更新日:2012年6月1日

絶滅危惧種“ミズアオイ”を守ろう!~東区特色ある区づくり事業~

海老ケ瀬に自生する“ミズアオイ”

昔は、水田、沼地、水路などで、よく見ることができたミズアオイ。近年では、除草剤や農薬の使用、生育環境の変化により数が減少し、国や県から絶滅危惧種の指定を受けています。
そんな中、平成16年に、東区の海老ケ瀬排水路で、自生しているミズアオイが偶然に発見され、地元の方を中心とした保全活動が進められています。

ミズアオイってどんな植物!?

ミズアオイは、ミズアオイ科の1年草です。水中に生え、葉の形がアオイ(徳川家の家紋として使われているカンアオイの仲間)に似ているためこの名が付けられました。開花時期は7月下旬から9月末くらいで、きれいな青紫色の花が咲きます。
平成7年の県内の報告では、福島潟や瓢湖など5カ所でしか確認されませんでしたが、平成16年に東区海老ヶ瀬地区の水田用排水路で発見されました。

ミズアオイの自生地

子どもたちが“ミズアオイ”を植栽

東区では、大形地区で発見された絶滅危惧種「ミズアオイ」を自らの手で栽培し、自然に触れる楽しさや環境の大切さを子どもたちに体験してもらおうと、新潟県立植物園の協力のもと「ミズアオイ植栽事業」を実施しています。
これまでに区内12小学校のうち8校が取り組んでおり、平成23年度は、中野山・江南・下山・竹尾小学校の4校が取り組んでいます。

平成22年度の植栽作業

子どもたちが大切に育てた“ミズアオイ”の見ごろ

「ミズアオイ」の開花時期は、8月末~9月末ごろです。
子どもたちが大切に育てた「ミズアオイ」は、開花時期に合わせ、新潟空港をはじめ東総合スポーツセンター、東区役所、石山出張所などで展示いたします。
東区の魅力のひとつである『青く可憐な花』をぜひご覧ください。

平成22年度の展示状況

このページの作成担当

東区役所 地域課
〒950-8709 新潟市東区下木戸1丁目4番1号
電話:025-250-2130 FAX:025-271-8131

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video
〒950-8709 新潟市東区下木戸1丁目4番1号 電話 025-272-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る