このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

おでかけ情報(おすすめのイベント・観光情報)

更新日:2017年10月22日

仲間で、家族で、出かけよう!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。マリンピア日本海 2017年特別展示「新潟市水族館 50年のあゆみ」

9月30日(土曜)から11月26日(日曜)
1990年に開館した「マリンピア日本海」は、新潟市立の水族館としては2代目にあたります。初代は1967年に開館した「新潟市立新潟水族館」。市立水族館の歴史は今年で50年、マリンピア日本海にとって節目の年となります。今回の特別展示では、新潟水族館とマリンピア日本海両方の歴史を振り返り、水族館の果たしてきた役割や変化などを紹介。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。秋葉区・新津石油の里 もみじまつり2017

10月28日(土曜)から11月23日(木曜・祝日)
130種2,000本のもみじが色づく中野邸記念館と隣接する石油の里で、期間中様々なイベントを開催します。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。古町花街ぶらり酒 第10弾

10月30日(月曜)から11月4日(土曜)
古町8番町、9番町界隈の花街文化を“食”で支えきた飲食店を中心に開催される『古町花街ぶらり酒』。チケット1~2枚で「ぶらりセット(料理+飲み物)」が楽しめます。割烹などのお店も気軽に楽しめます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。いくとぴあ食花 GROWING ILLUMINATION 2017 WINTER

11月3日(金曜・祝日)から2月12日(月曜・祝日)
冬のガーデンを光で彩るイルミネーション。雪に映るカラフルな灯りや光のクリスマスツリーをご覧いただけます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「東京国立近代美術館工芸館名品展-人為と天然 Art/Nature-」

11月3日(金曜・祝日)から12月24日(日曜)
東京国立近代美術館工芸館から、陶磁・ガラス・漆芸・木工・竹工・染織・金工の名品が新潟へ。明治から現代までに生み出された作品が伝えるのは、各時代に工芸の世界に吹き込まれてきた新しい風。人間国宝や巨匠たちは、制作プロセスにおいて、自然の素材や現象を制約として受け入れるに甘んじず、それらを巧みな技によってしなやかに取り込みながら、清新な造形を生み出しています。言わば、「人為」と「天然」という2つの要素が絶妙なバランスで結晶化した、85点の個性豊かな作品をお楽しみ下さい。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。旧齋藤家別邸 庭園ライトアップ

11月3日(金曜・祝日)から11月5日(日曜)、11月11日(土曜)から11月12日(日曜)
紅葉が見頃を迎える週末に、開館時間を19時まで延長し、庭園をライトアップ。160本のもみじ類で色彩豊かに彩られる庭園をご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。北方文化博物館 紅葉ライトアップ

11月23日(木曜・祝日)から11月26日(日曜)
豪農の館・北方文化博物館の百畳敷大広間からの眺めが美しい回遊式庭園を、紅葉の見頃に合わせライトアップし夜間延長開館。昼間とは一味違う趣ある邸宅の雰囲気を楽しめます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。第26回 にいがた冬 食の陣

12月1日(金曜)から3月31日(土曜)
日本海の幸・地酒・米等の恵まれた食をテーマに新潟を全国に発信。市内のホテル・旅館でのお得な宿泊プランや、食の陣参加飲食店で期間限定メニューを提供します。

平成29年度文化財センターイベント予定表

文化財センター・弥生の丘展示館 では年間を通して、さまざまなイベントを計画しています。

おすすめのおでかけスポット

いくとぴあ食花「動物ふれあいセンター」のアルパカの写真

いくとぴあ食花(外部リンク)
都市と田園地帯が交わる鳥屋野潟のほとりに位置し、新潟市が誇る食と花をメインテーマに、子どもから大人まで様々な体験と交流ができます。

アグリパークの写真

アグリパーク(外部リンク)
アグリパークでは、さまざまな体験を通して農業の楽しさや大切さを学び、農業に対する理解を深めていただくことができます。「教育ファーム(体験ほ場・体験畜舎)」や宿泊コテージ、レストラン、直売所などがあります。

新津鉄道資料館の屋外展示の画像

新津鉄道資料館(外部リンク)
平成26年に200系新幹線電車先頭車両と、C57形蒸気機関車19号機の2両の実車を屋外展示として迎え、屋内の常設展示も大幅にリニューアルしました。
鉄道のまちとして栄えた新潟・新津の鉄道文化に触れてみませんか。

スピードスケートをする花野小町と笹団五郎のイラスト

新潟アサヒアレックスアイスアリーナ(外部リンク)
フィギュアスケートやアイスホッケー等の氷上スポーツが楽しめる施設「新潟アサヒアレックスアイスアリーナ」。国際規格のメインリンクをはじめ、カーリングやスケート教室など幅広い用途に利用可能なサブリンクもあり、どなたでも氷上スポーツに親しんでいただける施設です。

マリンピア日本海のコブダイの画像

マリンピア日本海(外部リンク)
本市の自然環境をモデルにした「にいがたフィールド」や「日本海大水槽」では、そこに住む生物や植物の観察も楽しむことができます。

アクアパークにいがたのキャラクター「アクパ」のイラスト

アクアパークにいがた(外部リンク)
西区笠木にある、新潟市ふれあい健康センター「アクアパークにいがた」は、健康増進とリサイクル意識の向上を目的として新潟市によって設置された新田清掃センター焼却施設の余熱利用施設です。流れるプールやお風呂・サウナもあり、一年中利用することができます。

余暇・文化・スポーツ施設

学び・生涯学習関連の施設

美術館

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市歴史博物館 みなとぴあ

おすすめの情報

ちょっとぶらり旅
思い立ったらすぐ出かけられる、意外に知らなかった穴場かも!
身近なお散歩コース、意外に近所にある名所をご紹介します。

ふれ合おう花の新潟
まち中に広がる彩とりどりの花々。花といえば新潟市。
花を育み、花を楽しみ、五感を使って四季を感じてみませんか?

ふるさと情報
お帰りなさい。
帰省するあなたに、遠くからふるさとを想うあなたに、新潟市の今をお届けします。

でかけてみませんか?

新潟市観光循環バス

見どころいっぱい手頃観光。観光循環バスで出掛けよう!
観光循環バスは、市内中心部に点在している水族館や博物館、美術館などの施設を効率的に移動するための交通手段として、新潟交通株式会社と共同で運行しています。

関連リンク

市・区のイベント

学び・生涯学習のイベント

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市公式観光情報サイト

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。今月の注目観光イベント

このページの作成担当

地域・魅力創造部 広報課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館4階)
電話:025-226-2085 FAX:025-223-5588

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る