このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

中央区役所だより 第262号(平成30年3月4日) 1ページ

最終更新日:2018年3月4日

身近に感じて住みよい地域を守る活動

 住みよい地域は自分たちでつくろうと、自分ができることに取り組む皆さんがいます。今号では、クリーンにいがた推進員とごみ出し支援の協力員の活動を紹介します。

クリーンにいがた推進員が活躍

 先月13日の午前6時。まだ辺りが薄暗い中、ごみ集積場周辺の雪かきをしていたのは、網川原自治会のクリーンにいがた推進員(以下「推進員」。右記を参照)の2人です。地域の皆さんが気持ち良くごみ出しができるようにと、こうした冬場の雪かきをはじめ、ごみ集積場の維持管理なども行っています。推進員の活動を続けて8年になる仲留晴さんは「地域の皆さんに住みよいまちだと思ってもらいたい一心で、ここまで続けてくることができました」と話します。
 さらに、同自治会では推進員が中心となり、回覧板のほか、独自に作成した違反ごみシールやごみカレンダーで適正なごみ出しの呼びかけにも力を入れてきました。こうした地域での努力もあり、およそ1000世帯が暮らす同自治会では1カ月に300袋ほどあった(平成27年9月時点)違反ごみが、現在は50袋以下になるまで減少。同自治会会長の西澤甫さんは「まちがきれいなことが、この地域の自慢の一つです。推進員の皆さんにはいつも感謝しています」と笑顔を浮かべていました。

(1)「高齢の方などが足を滑らせて転ばないよう、見守りも兼ねています」と仲さん。

「高齢の方などが足を滑らせて転ばないよう、見守りも兼ねています」と仲さん。
(2)違反ごみを見つけた際は、写真に収め特徴を記録。ごみ出しの実態把握に生かします。

違反ごみを見つけた際は、写真に収め特徴を記録。ごみ出しの実態把握に生かします。
(3)推進員の印である緑のジャケットを身に着けた宮山一夫さん(左)と仲留晴さん(右)。子どもたちがごみ出しの手伝いをしている様子を見たり、地域の皆さんに「ご苦労さま」と声を掛けられたりすることが、励みになっているそうです。
宮山一夫さん(左)と仲留晴さん(右)

クリーンにいがた推進員とは

 ごみの適正な分別排出や環境美化の促進を図る、地域のリーダーとしての役割を担います。自治会・町内会から選出され、市が登録を行います。

推進員の活動例
  • 回覧板でごみの分別などに関する情報発信
  • ごみの排出実態の調査
  • ごみの分別指導
  • 地域一斉清掃の実施や花の植栽

ほか
 市では推進員の活動に必要な知識を習得できる研修や出前講座などを実施し、推進員の皆さんを支援しています。
問い合わせ 廃棄物対策課(電話:025-226-1407)

高齢者のごみ出しを支援

 古町二町内会の風間勇さんは、自宅から出たごみだけでなく同じ町内に住む一人暮らしの高齢者世帯などのごみも集積場まで運んでいます。「ついでにできるちょっとしたお手伝い。大変だと思ったことは一度もないですよ」と風間さんは微笑みます。
 風間さんがこの支援を行うようになったのは、7年前です。同町内会会長の山崎一夫さんは「町内に高齢者が増え、地域での助け合いがないとこの先大変だろうと思うようになったとき、風間さんが協力員として力を貸してくれました。彼はこの地域になくてはならない存在です」と話してくれました。
 ごみ出しの日には、必ず朝7時に自宅を出発するようにしているという風間さん。「ごみを取りに行く時間が遅くなると不安にさせてしまうと思い、同じ時間に家を出るようにしています。私が訪れる頃合いを見計らって、玄関先で『いつもありがとう』と言葉を掛けてくれる方もいます」と教えてくれました。
(4)午前7時ちょうどに自宅を出た風間さんは、雪がちらつく中、町内の2軒を回り玄関先に置かれたごみを集積場まで運びました。ごみ出しを手伝ってもらっている女性は「風間さんのおかげでいつも本当に助かっています」と感謝していました。

玄関先に置かれたごみを集積場まで運びました

(5)「ごみ出しの手伝いは、欠かせない日課の1つ。この後、喫茶店でコーヒーを1杯飲むのがお決まりです」と風間さん。
風間さん

ごみ出し支援を応援します

 市では、ごみ出しが困難な高齢者や障がい者などの世帯に対してごみ出し支援を行う団体へ、支援金を交付しています。支援を行う団体は市に団体登録を、支援を受けたい人は支援団体に利用者登録が必要です。協力員、利用者どちらも1名から登録ができます。

支援金の対象
  • 燃やすごみを利用者の玄関先からごみ集積場へ運んだ場合
  • 粗大ごみを利用者の家屋等から玄関先へ運んだ場合

詳しくはお問い合せください。
問い合わせ 廃棄物対策課(電話:025-226-1407)

まずは今すぐできることから ごみ出しルールを守ろう

 ごみ集積場は、自治会・町内会やアパートの管理者など地域の皆さんで維持管理を行っています。地域で気持ち良く生活し続けるためにも、ごみの分け方や出し方のルールを守りましょう。自分の地域のごみ収集カレンダーを確認し、ごみは決められた日の決められた時間までに出すよう、ご協力をお願いします。
問い合わせ 区民生活課生活環境係(電話:025-223-7168)

目次へ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    にいがた魅力発信

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒951-8553 新潟市中央区西堀通6番町866番地
    電話 025-223-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る