このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

中央区役所だより 第235号(平成29年1月15日) 1ページ

最終更新日:2017年1月15日

地域ぐるみで安全対策 日和山小が移転準備

 日和山小の移転に向けて、学校や地域、行政でさまざまな準備が行われています。

 先月17日、入舟地区コミュニティ協議会と同地区防犯協会の約60人の皆さんが合同パトロールを行いました。同会の皆さんは年4回、児童の通学路を中心にパトロールを行っています。
 豊照・湊・入舟・栄の4つの小学校が平成27年4月に統合して誕生した日和山小は、現在使っている旧入舟小の校舎から、約2キロメートル離れた旧栄小の新校舎にことし4月に移転予定。多くの児童が春から新たな通学路で登下校します。この日のパトロールでは実際に新校舎までの通学路を歩き、お互いに危険な箇所を確認しました。
 「通い慣れていない通学路には交通安全対策や不審者対策など、さまざまな心配があると思います」と子どもたちを案じるのは、入舟地区防犯協会会長の高橋誠一さん。同会に属する西湊町通三・四自治会では昨年末、自治会としては区内で初めて青色回転灯を備えた防犯パトロールカー(青パト)を導入しました。自治会長で運転手の阿部幹雄さんは「地域の子どもや親の不安を少しでも軽くできるように、青パトを効果的に使って安心・安全な地域をつくりたい」と意気込みます。
 パトロールに同行した豊照交番所長の長谷川充さんは「いろいろな交番に勤務しましたが、交番職員と一緒に見回りを行う熱心な地域は珍しいです」と感心。「地域の連帯感や声掛けが犯罪抑止につながるので、警察や行政だけでなく、皆さんが一生懸命やってくださることが本当にありがたいです」と話しました。

 

地域を見回る皆さん

地域を見回る皆さん。「きれいなまちは犯罪も少ない。ゴミ拾いも兼ねて回っています」

青パト出発式

青パト出発式では運転手の阿部さんが中央警察署長の右近祥治郎さんに「『自らの安全は自ら守る』『地域の安全は地域で守る』という意識を持ち、行動します」と入舟地区防犯スローガンを宣言

発光ダイオード(LED)道路照明灯

東北電力新潟営業所から地域貢献活動の一環で新校舎の周辺に寄贈された発光ダイオード(LED)道路照明灯

 

通学路へ全国初のライジングボラード 登校時間帯に交通規制

通学路へ全国初のライジングボラード

 校舎の移転に伴い、新しい校舎の周辺では交通環境が変化します。区では周辺の交通安全対策を万全にしようと、地域の皆さんのほか、学校、警察などと連携して「日和山小学校移転に伴う交通安全対策ワークショップ」を開催。昨年7月から3回の会合で通学路の問題点を洗い出し、具体的な交通安全対策をとりまとめました。
 ビッグデータの分析や交通調査から、平日朝の通学時間帯に旧栄小付近の市道日和山山田町線1号(通称「栄町銀座」)を走行する車両の多くがみなとトンネルへの抜け道として利用していることが判明しました。この道路はワークショップでも地域の皆さんから「狭いのにスピードを出して走る車が多い」と危険が指摘されました。
 このため市および警察では、このエリアの対策を優先的に実施することを決定。指定された区域内で車の最高速度を時速30キロに制限する「ゾーン30」を導入し、登校時間帯には通行規制を行います。また、通学路への設置は全国で初めてとなるライジングボラード(自動昇降式の車止め)を4月から1年間社会実験として運用することとしました。
 その他、規制標識や横断歩道の設置、歩道の整備、路肩のカラー化などを行い、新たな交通環境の変化が生じる可能性がある箇所は、移転後に改めて状況を確認し対策を検討することにしています。
問い合わせ 建設課(電話:025-223-7410)

お気に入りの場所第1位は?校舎お別れ会を開催

 先月22日、日和山小児童会が「校舎お別れ会」を開催。全校児童336人のほか、保護者や地域の皆さん約60人が参加しました。

校舎お別れ会
 会は、統合後2年間を過ごした校舎でさらにたくさんの思い出を作ってもらおうと、同小の児童会総務委員会が企画したもの。全校児童に実施したアンケート「校舎思い出の場所ランキング」では、児童会の「四つ葉レンジャーズ」が寸劇を交えながらクイズ形式で順位を発表しました。
 会の最後に、甲田美森さん(6年)は「この校舎でたくさんの思い出ができました。校舎とともに、支えてもらった地域の皆さんにも感謝したいです」とお礼の言葉を述べました。
 当日は、廊下に同校の児童が作成した校舎へのメッセージが張り出され、訪れた地域の皆さんが一枚一枚じっくり読んでいました。

一枚一枚じっくり読んでいました

児童が選んだ日和山小 思い出の場所ランキング

  1. グラウンド
  2. 図書室
  3. 体育館
  4. ウサギ小屋
  5. 教室

思いのこもった3枚のレリーフ

レリーフづくり

新しい校舎の壁面

 現在工事中の新しい校舎の壁面には、デザインタイルを組み合わせたレリーフが3枚配置されます。歌手の小林幸子さんが作詞・作曲した校歌の歌詞から「日本海」「信濃川」「小道」を題材にしたものです。
 これらのレリーフは、この春卒業する6年生が昨年の夏休みに制作しました。タイルの裏側には「日和山最高!」「野球がんばる!」などそれぞれの思いや夢が書き込まれています。

目次へ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    にいがた魅力発信

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒951-8553 新潟市中央区西堀通6番町866番地
    電話 025-223-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る