このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

中央区役所だより 第223号(平成28年7月17日) 2ページ

最終更新日:2016年7月17日

復活!湊祭 新潟まつりで三番組の山車をひこう

 江戸時代に行われていた湊祭は、新潟まつりのルーツの一つ。その湊祭の行列をにぎわせた三番組の山車が、今年の新潟まつりで復活します。
 山車の曳き手を募集しているほか、みなとぴあでは湊祭に関するイベントを実施します。

 

昨年、本町通十番町町内会とボランティアスタッフの皆さんによって組み立てられた三番組の山車

昨年、本町通十番町町内会とボランティアスタッフの皆さんによって組み立てられた三番組の山車

復活!湊祭

新潟まつりキラキラパレードで三番組の山車を見ることができます。
日時 8月6日(土曜)午前10時から11時30分
会場 柾谷小路(新潟中郵便局から礎町)

曳き手募集

対象・定員 小学生とその保護者15組、一般10人
申し込み 7月24日(日曜・必着)まで

昔の新潟まつりを調べよう

日時 8月2日(火曜)午後1時30分から3時30分
会場 同館
対象・定員 小学生20人
申し込み 7月24日(日曜・必着)まで

パネル展

日時 8月13日(土曜)から28日(日曜)
会場 同館
内容 三番組の山車の組み立てや、キラキラパレードでの様子などの紹介

講演会

会場 同館
定員 各回80人

期日 テーマ
8月20日(土曜)
午後1時30分から午後3時
眠り流し行事としての湊祭
講師:福原敏男さん(武蔵大学教授)
8月27日(土曜)
午後1時30分から午後3時
新潟湊祭の展開とその民俗的背景を考える
講師:政岡伸洋さん(東北学院大学教授)

申し込み 8月13日(土曜・必着)まで

申し込み方法 

往復はがきまたはメールに(1)イベント名(講演会は参加希望日も)(2)氏名(小学生は学年も)(3)住所(4)電話番号を記入し市歴史博物館みなとぴあ(〒951-8013中央区柳島町2-10、メールmuseum@nchm.jp)へ
※往復はがきの場合、往信欄裏面に(1)(2)(3)(4)を、返信欄表面に返送先を記入
※応募多数の場合抽選
問い合わせ 同館(電話:025-225-6111)

 

連載 地域と学校をつなぐ地域教育コーディネーター(15)
早川堀通りで七夕祭りを企画 柳都中

 柳都中では総合学習の一環で自分たちが住む町について学んでいます。この学習をきっかけに、早川堀の復活が地域の皆さんの熱い思いで実現したことを知った3年生。自分たちも地域のために行動したいと「早川堀通り七夕祭りプロジェクト」を企画し、今月7日に開催しました。

 生徒らはこの日に備えて地域の皆さんに手作りの開催案内やポスターを事前に配布したほか、当日は七夕らしさを出そうと早川堀通りに笹を設置。短冊に願い事を書くブースや、竹とんぼやしゃぼん玉など昔遊びを体験できるブースを用意し来場者を楽しませました。

笹には日和山小の児童らに事前に作ってもらっていた短冊も飾られました

笹には日和山小の児童らに事前に作ってもらっていた短冊も飾られました

短冊に願い事を書くブース

 企画する立場として地域に関わるのは初めてだった平野稜祐さんは「地域の皆さんが喜んでくれたので頑張って準備をしたかいがありました。自分たちが考えた企画で早川堀通りでの触れ合いが増えて嬉しいです」と話しました。

 地域コーディネーターの山田正子さんは「昔遊びのブースはこの地域に高齢者が多いことを踏まえて生徒たちが提案した企画。学習を通して地域のことをより深く知ったことに加え防災訓練など日頃の地域の皆さんとの関わりが、生徒たちの『みんなのためにこういうことがしたい』という自主的な気持ちにつながったのだと思います」と話します。「大人になっても進んで地域と関わりこの町の発展に貢献してほしいです」と期待しました。

早川堀通り七夕祭りプロジェクト


区民参加のまちづくり 第3回自治協議会の概要

 6月24日の会議では、議事として同協議会委員推薦会議の構成員を決定したほか、中央区の特色ある区づくり予算に係る事業の企画立案についての意見聴取、各部会からの報告がありました。
※会議の概要や資料は、市役所本館1階市政情報室で閲覧できるほか、区ホームページ(http://www.city.niigata.lg.jp/chuo/)に順次掲載します。

次回の開催案内

日時 7月29日(金曜)午後3時から
会場 新潟日報メディアシップ2階 日報ホール
傍聴者の定員 先着20人
問い合わせ 地域課企画担当(電話:025-223-7023)
※議題は、市役所本館1階エレベーター前掲示板、東・南出張所に掲示するほか、区ホームページに掲載します

自治協議会だより第14号(特集号)

 7月29日(金曜)に自治協議会だより第14号(特集号)を発行します。新聞折り込みとポスティングによる全戸配布を予定しています。

 

公民館

中央公民館 電話:025-224-2088 〒951-8055 中央区礎町通3-2086

中国語サークル「月華会」入門講座体験会

日時 9月13日(火曜)午後4時から5時
持ち物 筆記用具
対象・定員 初めて中国語を学ぶ人先着12人
申し込み 電話で同館へ

関屋地区公民館 電話:025-266-4939 〒951-8164 中央区関屋昭和町3-148-1

子育てネットまつぼっくり

日時 8月5日・12日・19日・26日(いずれも金曜)午前10時から正午
内容 親子遊び、絵本の読み聞かせ、ほか
対象 未就園児と保護者
申し込み 当日直接会場

おもちゃの修理「おもちゃ病院にいがた」

日時 8月5日(金曜)午前10時から正午
内容 おもちゃの修理
参加費 無料(実費負担の場合あり)
申し込み 当日直接会場

石山地区公民館 電話:025-250-2930 〒950-0852 東区石山1-1-12

ご近所だんぎから聴いておしゃべり かしこい防犯

日時 7月25日(月曜)午後1時30分から3時30分
内容 トランペットの演奏を交えた身近な防犯の話を聞いたあと、お茶を飲みながら参加者同士で会話を楽しむ
申し込み 当日直接会場

編み物体験講座から自分が好きな物は、自分で作る

日時 8月6日・27日、9月3日・10日・17日・24日(いずれも土曜)午後7時から9時
内容 マフラーなどの見本を参考に自分が決めた作品を作る
対象・定員 小学4年生以上先着15人(小学生は保護者の同伴が必要)  
参加費 無料(材料費は実費負担)
申し込み 8月5日(金曜)までに電話で同館へ

 

お知らせ

中央区社会福祉協議会

夏休み避暑スペース“さわさわ”

 同協議会の交流スペースを自主学習などの場として開放します。期間中には自由参加の催し物もあります。
日時 7月25日(月曜)から8月26日(金曜)の月から金曜日午前9時から午後4時
※7月26(火曜)、8月11日(祝日)・23日(火曜)を除く
対象 小中学生
持ち物 学習道具、飲み物、昼食の持ち込み可
問い合わせ 同協議会古町ボランティア・市民活動センター(電話:025-210-8730) 

信濃川をきれいにする会「信濃川クリーン作戦」

日時 7月31日(日曜)午前6時から7時 (少雨決行)
内容 信濃川河川敷の一斉清掃
集合場所 萬代橋両岸(万代2、川端町6)、白山下水道橋左岸(川岸町2)、本川大橋両岸(網川原、関南町)、有明大橋右岸(堀割町)
持ち物 軍手、ごみばさみなど(ごみ袋の用意あり)
申し込み 当日直接会場(青いのぼりが目印)※駐車場はありません
問い合わせ 土木総務課(電話:025-226-3025)

にいがた総おどり ボランティア募集

内容 受け付けやグッズ販売など運営の手伝い

活動日時 活動場所 募集人数
9月17日(土曜)
午前8時から午後6時
万代シテイ、新潟駅南口広場 50人
9月17日(土曜)
午後2時から午後9時
古町6・7番町 50人
9月18日(日曜)
午前8時から午後9時
万代シテイ、古町、山の下、下本町、こんぴら通り、新潟駅南口広場 160人
9月19日(祝日)
午前8時から午後7時30分
万代シテイ、新潟駅南口広場 100人

※活動場所により時間が異なる場合あり
対象 9月4日(日曜)午後3時から4時30分、クロスパルにいがたで開催する説明会に参加できる人。
※高校生以上
申し込み 8月12日(金曜)までにメールに件名「ボランティア申し込み」、氏名、年齢、性別、住所、電話番号、希望活動日を記入し、新潟総踊り祭実行委員会事務局(メールbora@soh-odori.net)へ
問い合わせ 同事務局(電話:025-383-6630)

 

分ければ資源 混ぜればごみ

 市では燃やすごみ、燃やさないごみは有料の袋で回収していますが、資源化できるものは「資源」として透明ポリ袋などで回収しています。正しく分別し、ルールを守って出しましょう。

日時・場所を守って出しましょう

サイチョ

 ごみは地域ごとに決められた日時・場所に出しましょう。ごみの分別方法や出す日をお知らせしてくれる「サイチョのごみ分別アプリ」が便利です。

ごみ集積場は清潔に

袋の口はしっかり結んでください

古布・古着は再利用を

市では古布・古着を回収し、再利用を推進しています。
日時 祝休日を除く月から金曜日の午前9時から午後5時
会場 市役所白山浦庁舎6・7号棟前
出せるもの 衣類(綿、羊毛、絹、麻、化繊、皮革)、肌着類、カーテン、ハンカチ、スカーフ、毛布・シーツ、和服、帯、帽子
出せないもの 濡れたもの、汚れたもの、破れたもの、穴のあいたもの、布団、座布団・じゅうたん、カーペット、電気毛布、こたつの下敷、スリッパ、便座カバー、裁断くず、ペット用に使用した毛布やタオル、布製品ではないもの
出し方 洗濯済みの衣類を透明・半透明の袋に入れるか、まとめてひもで結ぶ。※一般家庭から出るものが対象
問い合わせ

  • 区民生活課生活環境係(電話:025-223-7168)
  • 市廃棄物対策課(電話:025-226-1407)

目次へ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    にいがた魅力発信

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒951-8553 新潟市中央区西堀通6番町866番地
    電話 025-223-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る