このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

新潟市食育マスター

最終更新日:2018年11月9日

新潟市食育マスター制度のご案内

新潟市食育マスター制度とは

 食育に関する優れた知識、技術、技能及び経験を有する人材を「新潟市食育マスター」(以下「食育マスター」という。)として登録し、学校、職場、市民団体等(以下「団体等」という。)の要請に応じて、団体等が実施する食育活動における講師、インストラクター、指導者等として派遣し、その派遣に係る経費の一部を市が助成する制度です。

食育マスターってどんな人?

郷土料理の歴史や作り方、農作物の育て方、食と健康づくりの関わりなど、「食」に関する専門的な知識や技術、経験を持ち、学校や地域での「食育」に関する活動の際に、講師や指導者となりうる方たちをいいます。

食育マスターはどんなときに利用できるの?

対象となる活動の内容

 食育に関する講習会や調理実習など

対象となる活動の主催者

 新潟市内の学校・幼稚園・保育園、自治会、PTA、その他各種団体

対象となる活動の規模

 参加者が概ね15名以上のもの

利用方法

(1)「新潟市食育マスター登録名簿」を参照の上、希望する食育マスターに直接電話等で依頼し、日時、内容、準備する材料、経費等について事前によく打ち合わせをしてください。
 

  • 登録名簿はファイルサイズが大きいため、ご利用状況によっては、正常にダウンロードできない場合があります。ダウンロードがうまくいかない場合は、こちらの簡易版をご活用ください。簡易版には、食育マスターの連絡先の掲載はありません。

(2)食育マスターとの事前協議後、事業実施日の10日前(必着)までに、確定した内容を基に「派遣申請書」に必要事項を記載し、食と花の推進課へ提出してください。申請内容の審査を行い、その可否を通知します。

(3)活動が終わりましたら活動の結果について、「活動報告書」により報告してください。
(詳しくは下のフロー図をご参照ください。)

※活動報告書の提出の際には活動の様子がわかる写真を4枚程度添付してください。

食育マスター利用方法フロー図

活動紹介

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎5号棟4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る