このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

ながいもと越の鶏たっぷり野菜のポトフ

最終更新日:2012年6月1日

シェフが教える!にいがたなるほど四季彩レシピ

WINTER

冬・創作料理

ながいもと越の鶏たっぷり野菜のポトフ

材料(4人分)

越の鶏(鶏肉)/240g
ながいも/4切れ(120g)
さといも/中4個
れんこん/4切れ(60g)
にんじん/1本・かぶ/2分の1切
ごぼう/60g・長ねぎ/50g
しめじ/40g・エリンギ茸/4本
プチベール/4個
コンソメスープ/1,440cc
塩/少々・こしょう/少々
※お好みで粒マスタードを添えていただきます。

所要時間
約30分
栄養一人あたり 
・約172kcal
・塩分2.4g

作り方

1.野菜は皮をむき、ながいも、れんこんは幅1~1.5cmに、他の野菜はひと口大に切る。

 2.越の鶏(鶏肉)は4等分(60g)に切り、コンソメスープで火を通す。

 3.根菜・野菜類はにんじん・さといも・れんこん・ながいもなど、硬いものから湯通して、ぬめりをとり、味をしみ込みやすくしてから、2のコンソメスープで火を通す。

 4.火が通ったら32を器に盛り付ける。

 5.4に、温めたコンソメスープを塩・こしょうで味を調えて注ぐ。

新潟市自慢の食材【ながいも】

新潟平野は信濃川・阿賀野川が運ぶ土砂のおかげで土壌はとても肥沃。阿賀野川流域の江南区横越地区は根菜類の栽培が歴史的に盛んで、この豊かな土壌にさらに堆肥をすき込んで土を改良し、良質なながいもを作っています。また市内では、西蒲区の砂丘畑でも良質な「ながいも」が生産されています。

野菜をスープで煮る前に一度、湯通ししてください。
ホテルではもちろん本式のコンソメから作りますが、家庭では「コンソメスープの素」を使ってください。野菜は、コンソメスープで煮る前に一度湯通しをしてください。根菜類など硬い物から入れて、弱火でゆっくり火を通しましょう。野菜は家庭にあるもので代用してもいいですよ。

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る