このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

しろねポークと大根のX.O醤煮込み

最終更新日:2012年6月1日

シェフが教える!にいがたなるほど四季彩レシピ

WINTER

冬・創作料理

しろねポークと大根のX.O醤煮込み

材料(4人分)

しろねポーク(豚バラ肉)/300g
だいこん/1本
塩/少々・こしょう/少々
サラダ油/大さじ2弱

<煮汁>
中華スープ/800cc
酒/少々・醤油/少々・X.O醤/80g
塩/少々・こしょう/少々

所要時間
約30分
栄養一人あたり 
・約232kcal
・塩分3.6g

作り方

1.だいこんは輪切りにして皮をむく。切り口の角を面取りする。

 2.しろねポーク(豚バラ肉)は食べやすい大きさに切り、塩・こしょうをふる。フライパンにサラダ油を熱し、表面に焼き色をつける。

 3.鍋に1のだいこん・2の豚肉を入れ、煮汁を加える。材料がやわらかくなるまで、じっくり煮込む。

 4.3を器に盛り付け、煮汁をかけて出来上がり。

新潟市自慢の食材【しろねポーク】

新潟市民の豚肉好きは有名で、一人当たりの年間消費量は全国トップクラス。なぜかといえば「美味しい豚肉があるから」。いろいろなブランドが生産されていますが、中でもしろねポークは肉質がやわらかく、脂身に上品な甘みがあって大人気。何より、冷めても豚肉特有のくさみがないため、冷シャブやかつサンドなどで、美味しさが際立つのが特徴です。

だいこんは面取りして、弱火でコトコト煮込みます。
ポイントはだいこんの面取りを必ずすることですね。それから弱火でじっくり、コトコト煮込みましょう。この料理は家庭でも簡単にできますので、ぜひ、お試しください。
ホテルイタリア軒でいただけます。
「中華料理 大観苑」の単品メニューで提供予定。提供期間・料金など、詳細は下記へお尋ねください。
 電話:025-224-5111

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る