このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

煮物椀やきなすの胡麻豆腐包み

最終更新日:2012年6月1日

シェフが教える!にいがたなるほど四季彩レシピ

summer

夏・創作料理

煮物椀やきなすの胡麻豆腐包み

材料(4人分)

なす(やきなす)/320g
トマト/20g・いんげん豆/8g
冬瓜(とうがん)/30g
葛/4g・ズワイガニ/16g
木の芽/適宜

<吸い地>
鰹昆布だし/12g
(a) 酒/4g・塩/4g・薄口醤油/20g 

<胡麻豆腐>
みがき白胡麻/36g
昆布だし/160g・本葛/40g
生姜汁/2g・塩/少々

所要時間
約30分
栄養一人あたり 
・約121kcal
・塩分1.9g

作り方

1.胡麻豆腐を作る。胡麻をミキサーにかけ、練り胡麻にする。布袋に入れて絞り出す。これを(a)と一緒に、すくってポトリと落ちるくらいまで、火にかけながら練る。バットに流し入れ、余熱を取る。

 2.やきなすは焼いて「焼きなす」にして、皮をむく。判割りにして中の種の部分をそぎ落とし、吸い地に浸す。水気を切っておく。

 3.トマトは湯むきして、種を取る。いんげんはゆでる。

 4.冬瓜は食べやすい大きさに切り、葛打ちをして、湯通しする。

 5.213を入れ、形を整える。

 6.椀に5を入れ、その周りに4を入れ、吸い地をはる。ズワイガニ、木の芽を飾る。

新潟市自慢の食材【やきなす】

新潟県のなすの栽培面積は全国1位。ところが出荷額は1位ではありません。あまり美味しいために「農家が出荷せず自分で食べてしまうから」などと説明する生産者もいます。漬けなすとして有名な十全なすや梨なすはもちろん、焼きなすにすると絶品なのが北区豊栄地区で作られている、その名も「やきなす」。焼くことにより甘みも旨みも増して、とろけるような舌触りがたまりません。

なすの種は取り除いて。水気はよく切って下さい。
なすの種をていねいに取ると口当たりがぐっと良くなります。それから、吸い地に浸したあとに、なすの水気はよくとっておくことが、この料理の大事なポイントです。
万代シルバーホテルでいただけます。
「郷土料理と地酒の店 銀鈴」の単品メニューで提供予定。提供期間・料金など、詳細は下記へお尋ねください。
 電話:025-243-3711

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る