このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

女池菜と佐渡産一夜干いかの生姜浸し 桜海老のソース衣かけ ふなべた唐揚げ添え

最終更新日:2012年6月1日

シェフが教える!にいがたなるほど四季彩レシピ

spring

春・家庭料理

女池菜と佐渡産一夜干いかの生姜浸し 桜海老のソース衣かけ ふなべた唐揚げ添え

材料(4人分)

女池菜/1束
一夜干いか/1枚

<だし汁>
 かつおだし/200cc
 醤油/40cc
 みりん/20cc
 すりおろし生姜/3~5g

ふなべた(唐揚げ)/8切れ
ミニトマト/8個・桜海老/適宜

<ソース>
豆腐(木綿)/120g
クリームチーズ/40g
豆乳/20cc・白ワイン/少々
醤油/20cc

所要時間
約30分
栄養一人あたり
・約124kcal
・塩分1.2g

作り方

1.ゆでた女池菜と焼いた一夜干いかは食べやすい大きさに切る。だし汁に漬ける。

2.ソースを作る。豆腐とクリームチーズをフードプロセッサーまたはすり鉢に入れてする。豆乳を入れながらやわらかく伸ばし、白ワインと醤油で味を調え、桜海老を混ぜる。

3.1の女池菜と一夜干いかを器に盛り、2のソースをかけ、2つに切ったミニトマトと唐揚げにしたふなべたを添える。

新潟市自慢の食材【女池菜】

新潟市中央区の女池地区が原産で、市内各地で生産される新潟小松菜も仲間です。冬の寒中に育つ青菜と越冬後に伸びる「とう」を収穫して食べます。寒さに耐えて増した甘さ、「とう」のわずかなぬめりが独特。やはり、おひたしでごはんというのが似合いですが、ほのかな苦味が味にアクセントをつけているので、酒の肴としても上等な一品になります。

気取った料理ではありません。
気楽に召し上がってください。
家庭でお作りになるときは、かたちよく盛ろうと気を配ることはありません。それより、ザックリかき混ぜてしまって、ソースを上からザッとかけて、気軽に召し上がってください。

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る