このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

さっぱりした夏の味が食卓を彩る「ずいきなます」

最終更新日:2012年6月1日

さっぱりした夏の味が食卓を彩る「ずいきなます」

材料|4人分

ずいき200g
 酢2分の1カップ
 砂糖大さじ3

cooking DATA

所要時間 
15分
※下準備時間を除く

栄養(一人あたり) 
カロリー/46kcal
塩分/0g
脂質/0g

作り方

1.ずいきの皮をむく。30分ほど水にひたしてアク抜きをする。

2.ゆでてから、3cm位にそろえて切る。

3.酢、砂糖を弱火にかけ、砂糖が溶けたらすぐに火からおろしてさます。
※この中にしょうゆを加えると、またおつな味になります。

4.沸騰したお湯の中に酢(分量外)を入れ、切ったずいきを入れる。

5.かきまぜながら竹ぐしが通るようになったらざるに上げる。
※ゆで過ぎないこと。指でつまんで確かめる。

6.5をしっかり水気を絞ってボウルに入れ、3の漬け汁を注ぐ。

暑い季節にサッパリおいしい。

 八つ頭の茎を“ずいき”と呼びます。お盆の料理ですが、漬け汁に火を入れてカビが生えないようにするから3か月くらいは保存できますね。淡い紅色の酢漬けにするときれいで、お正月にもよく食べますよ。酢漬け以外にも干して保存しておいて、雑煮に入れたり、汁物や煮物にも使います。
 さっぱりしていますから暑い時期はおいしくてね。昔はどこのうちでも作っていたけど、今は買う人も多くなりました。田島地区の直売所でも販売していますが、人気があって売れ残るということがないですね。また、やはりとれたての若いずいきの方がおいしい。旬のものが一番ですね。
 お話:農村地域生活アドバイザー
 西区田島・吉倉アキノさん

ここがポイント!新潟の食材

ずいき

 ずいきとは、里いもの一種の「八つ頭」の葉柄のことをいいます。昔は各家庭で栽培し、調理して食べていたようです。
 ずいきなますの他、みそ汁に入れたり、五目ご飯に入れたりして食べられていました。

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る