このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

おこわと団子でおいしさが増す「団子おこわ」

最終更新日:2012年6月1日

おこわと団子でおいしさが増す「団子おこわ」

材料|4人分

もち米4カップ(640g)
 にんじん2分の1本
 ごぼう2分の1本
 こんにゃく4分の1枚
 干ししいたけ2枚
 たけのこ水煮(小)1本
 干し貝柱3個
 ひじき10g
 団子(もち粉2分の1カップ、うるち粉2分の1カップ、水少々)
 調味料(干ししいたけの戻し汁1カップ、しょうゆ大さじ2、酒大さじ2、砂糖大さじ1、塩小さじ1)

cooking DATA

所要時間 
50分
※下準備時間を除く

栄養(一膳) 
カロリー/380kcal
塩分/2g
脂質/0.7g

作り方

1.もち米はよくといで一晩水につけておき、ざるにあげて水をきる。ひじきは水につけておき、よく洗う。

2.にんじん、ごぼうはマッチ棒くらいの太さの千切りにする。干ししいたけも戻して、半分に切って細切りにする。こんにゃくは2cm位の長さに細く切りさっと湯どおしする。

3.だし汁で材料を煮て、しょうゆ、砂糖、酒で薄味をつける。

4.うるち粉、もち粉をまぜ水を少しずつ入れ、固めにこね、梅干大に丸める。

5.蒸気のあがったせいろにもち米を入れ、25分蒸す。蒸しあがったらボウルにあけ、具を汁ごと入れて混ぜる。混ざったらせいろに蒸した米と団子を交互に入れ、強火で15分ほど蒸してできあがり。蒸しあがったら、平らなバットかボウルに布ごとあける。
※はじめから団子を入れないこと。

団子を入れるこつ

  • 団子を入れてからは混ぜないこと。
  • 強火で蒸さないと、べたっとしてふけなく失敗することがある。

五目赤飯と見た目は同じく、食べると団子が入っているので珍しいおこわです。

タブルのもちもち感がたまらない。

 団子とおこわを層状に重ねていく珍しい料理。稲が団子のように、しっかり実り、たくさんの米粒が付くように豊作を祈って作られました。かつての西蒲原地域あたりで食べられているようですね。団子は白玉粉を使ったり、うるち粉ともち粉を混ぜて使ったり、団子の中にあんこを入れるところもあるようです。
 上手に作るこつは、色がむらにならないようにすること。なのでお米はしょうゆを入れた水に浸け、差し水をする時も、しょうゆが入った水でします。炊きあがったら、敷いてある布ごと豪快に平らな皿や板にひっくり返して、みんなでアツアツを取り分けて食べました。「刈り上げ」の祝いに出されたものですが、お彼岸に作るところもあるようです。稲刈りという重労働の前に食べて、力を蓄えたのでしょうね。
 お話:農村地域生活アドバイザー
 西区田島・吉倉アキノさん

ここがポイント!新潟の食材

ごぼう

 主に横越地域の阿賀野川沿いで作られています。阿賀野川からの水と肥沃な大地の恵みを受けて出荷されています。西蒲区の砂丘地でも生産が盛んです。

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る