このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

ごはんとおみそのおいしい関係「けんさ焼き」

最終更新日:2012年6月1日

ごはんとおみそのおいしい関係「けんさ焼き」

材料|4人分

ごはん400g
 みそ40g
 砂糖(好みで)適量
 しょうが(小)1個
 ねぎ適量
 ゆず適量
 ごま適量
 かつおぶし適量
 焼きのり適量

cooking DATA

所要時間
20分

栄養(一個) 
カロリー/190kcal
塩分/3.25g
脂質/1.4g

作り方

1.しょうがとゆずの皮はすりおろし、ねぎはみじん切り、ごまはすり鉢ですり、それぞれみそと合わせ、「しょうがみそ」、「ゆずみそ」、「ねぎみそ」、「ごまみそ」などを事前に作っておく。

2.ごはんを円盤型ににぎる。中央をくぼませて、金網で両面をさっと焼く。

中央をくぼませて、金網でさっと焼く

3. 1のみそを塗り、焦げ目がつく程度にこんがり焼く。
*ホットプレートだと、きれいに焼ける。

みそを塗り、焦げ目がつく程度に焼く

4.そのままアツアツをいただく。熱いお茶や湯を注ぎ、のりやかつおぶしをかけてお茶漬けにしてもよい。

そのままアツアツをいただく。熱いお茶や湯を注ぎ、のりやかつおぶしをかけてお茶漬けにしてもよい

けんさ焼きは、子を想う親の味。

 「けんさ焼き」という名前は不思議な名前ですが、その由来はよくわからないようです。
 昔は、交通機関も発達していなかったので、里帰りの時は雪道を徒歩で移動したそうです。なので、実家に着くのは夜も更けたころ。寒さで凍え、お腹をすかせた娘のために実家では囲炉裏でけんさ焼きを作って待っていたといいます。また、お茶漬けにもできるから、冬の夜長に話が咲いたり、お酒の後の夜食として食べることもあったようですね。
 串に刺して焼くところもあると聞いていますが、うちでは「ほうろく」という平らな鉄鍋の様なものが囲炉裏にかかっていて、そこでけんさ焼きやお餅などいろいろなものを焼いていました。火で焼くとやわらかく、おいしくなるんですよ!
 みんなで囲炉裏を囲んで食べるのは楽しかったですね。
 お話:農村地域生活アドバイザー
 中央区女池・大坂昌子さん

ここがポイント!新潟の食材

みそ

 越後の風土で、香り高いみそがつくられています。栄養価が高く、薬効もあるというみそ。みその持つ防腐力が、雪国に欠かせない保存食づくりにも利用されてきました。

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る