このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

“年取りの魚” 鮭を堪能「氷頭なます」

最終更新日:2012年6月1日

 “年取りの魚”鮭を堪能「氷頭なます」

材料|4人分

塩鮭の頭1匹分
 大根(中)1本
 イクラスプーン2杯(20g)
 ゆず少々
 調味料(酢2分の1カップ、砂糖2分の1カップ、塩一つまみ)

cooking DATA

所要時間
15分

栄養(一人あたり) 
カロリー/96.5kcal
塩分/4.1g
脂質/1.5g

作り方

1.大根はおろして軽く塩をふり、ざるに入れて水をかけて水気を切る。

2.塩鮭の頭の氷頭の部分を薄切りにして、酢(分量外)の中につけておく。

塩鮭の頭の氷頭の部分を薄切りにして酢につけておく

3.調味料を混ぜ合わせ甘酢を作り、大根おろしと氷頭を和える。

4.食べる直前にイクラと千切りにしたゆずをのせてできあがり。

食べる直前にイクラと千切りにしたゆずをのせる

新潟のお頭は、鮭じゃなきゃダメ!

 新潟では、鮭をあますところなく食べる食文化と知恵があります。また、信濃川・阿賀野川など、地元でとれた魚でしたから“年取りの魚”として食べる習慣がありました。そんな理由で、お頭は鮭じゃないとダメなんです。しかも「氷頭なます」は鮭の「お頭」を食べるわけだから、お正月には必ず作っていたけど、冠婚などお祝い事にも欠かせません。昔は自分の家で結婚式をあげたので、ふるまいで出されましたね。また、鮭は秋に上ってくる魚だから「刈り上げ」の行事にも付きものだったんです。
 おいしく作るこつは、良く切れる包丁で鮭の頭を薄く切るに限ります。また、塩でもみ、酢に漬けておくと冬の間くらいは持ちますよ。
 お話:農村地域生活アドバイザー
 中央区女池・大坂昌子さん

ここがポイント!新潟の食材

大根

 新潟市の海岸線の砂丘畑では大根の栽培が盛んです。9月末頃から12月くらいにかけて出荷されます。大根にはジアスターゼという消化酵素が多く含まれており、胃にやさしい野菜です。

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る