このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

障がいのある人向け体験プログラム(「アグリ・ケア・プログラム」)の推進

最終更新日:2018年4月10日

「田園資源」を活かして、障がいのある人もない人も共に生きるまちづくりを目指して

 新潟市では、豊富で多様な田園資源を教育や福祉などの生活に密着する分野にも活用する「12次産業化」を進めています。
 田園資源を福祉分野に活用する農福連携では、農業体験を通じた高齢者の健康づくりや、障がいのある人の力を就農に活かす取り組みを進めています。
 また、新たに平成29年度から重度の障がいのある人を中心に、生きがいづくりと社会参加を進めるため、「アグリ・ケア・プログラム」の活用を推進しています。
 これは、農業・園芸・動物が持つ癒しの力を活かし、季節感や五感を楽しみながら、心身の活性化に役立てることが目的です。障がいの程度を問わず、障がいのある人の豊かな暮らしを後押しします。

「アグリ・ケア・プログラム」

特徴

(1)新潟市の自然や社会資源を活かし、一年間の季節感を大切に、人間の五感(見る、触る、聴く、味わう、嗅ぐ・香り) を刺激しています。
(2)障がいのある人の当事者にわかりやすく、支援者には丁寧にマニュアルをつけ、忙しい中でも活用しやすい工夫が満載されています。
(3)障がいのある人の支援の現場で役立つように、個別支援計画の作成に役立つための作成のポイントを盛り込んでいます。
(4)多領域(障がい者支援、農業、動物、園芸、行政、大学、就労支援等)の専門家が協力して作りました。

種類

 (1)野菜・土づくり(2)園芸(3)動物の三分野を中心に組み立てられています。
 新潟市ならではの自然の営みや季節感、人や社会資源などに着目して作りました。

プログラム一覧
種類 内容 場所
農業

(1)菌ちゃんの力で元気な野菜を育てよう(プランター編)
(2)菌ちゃんの力で元気な野菜を育てよう(畑編)

各施設
(講師が出向きます)

園芸

(1)花苗を植えよう1
(2)さくら・サクラ・sakura
(3)花苗を植えよう2
(4)生花で作る母の日アレンジメント
(5)ハーブのコンテナガーデン
(6)Garden 野花の便り-春
(7)キャンドルナイトフィーバー
(8)夏のハンギングバスケットづくり
(9)ラベンダーとあそぼ
(10)ボタニカルなキャンドルづくり春花
(11)ハーブと桃のアイスクリームづくり
(12)花苗を植えよう3
(13)ハロウィン缶寄せ植えづくり」
(14)自然からの贈り物
(15)ボタニカルなキャンドルづくり秋花
(16)花苗を植えよう4
(17)クリスマス飾り森のサンタさん
(18)Garden 野花の便り秋
(19)みんなで作るクリスマス・リース
(20)クリスマス・ラウンドガーデンづくり
(21)ヒヤシンス窓辺の植物
(22)香りのガーランド作り
(23)ピンクでハートフルなアレンジメント
(24)ハーブ香りのお雛さま
(25)春のテーブル花壇(花いっぱい大作戦)

各施設
(講師が出向きます)
※(9)はお出かけプログラムになります。

動物

(1)動物たちに会いに行こう
(2)アルパカ・ヒツジ・ヤギの野菜えさやり体験
(3)動物たちにふれてみよう
(4)ポニーふれあい体験

動物ふれあいセンター
(新潟市中央区清五郎345-1)

プログラムのダウンロード

「アグリ・ケア・プログラム」にかかる支援について

1 円滑な推進に関する支援

(1)利用施設と支援員及び動物ふれあいセンターの間を取り持つコーディネート
 間を取り持つコーディネーターを配置し、プログラムに関する相談や申し込み、打合せなどに対応します。
 ○プログラムに関する申込み・相談
 ○利用者の障がいの程度や特性に応じた内容の提案
 ○丁寧な打合せ
 ○実施後の聞き取りアンケートの実施

(2)情報提供
 実践の様子、結果や課題等に関する情報を提供します。

2 人的支援

(1)指導者及び補助者の派遣
 実施するプログラムに応じた指導者や補助者を派遣します。
 ○派遣費用を市で負担します(派遣回数はプログラムの内容等によって変わります)
 ○指導者にお任せするのではなく、利用者や職員と一緒に作り上げるようお願いします

3 経費に関する補助

(1)体験費用
 補助はありません。
 プログラムの概要がわかる見開きページに費用が記載されており、利用者の負担にならないよう、材料の実費を基本に金額を設定しています。

(2)交通費
 補助はありません。動物ふれあいセンターや施設外への交通費については、利用者(利用施設)の負担とさせていただきます。

「アグリ・ケア・プログラム」を活用した個別支援計画について

 アグリ・ケア・プログラム(以下:ACP)は農業、園芸、動物等と障がいのあるご本人(以下、利用者)との触れ合いを通して、QOLの向上を図ることが目的です。
 障がいが重く、農福連携への参加や農作業を通じた工賃向上を図ることが難しい方でも、ACPの「本物と触れ合う体験」を重ね、QOLの向上を図ることが可能になると考えています。
 ACPでの活動を個別支援計画としてしっかりと位置づけ、計画的かつ中長期的に取り組んでみませんか。
 職員用の45から51ページに詳しく記載しています。

「アグリ・ケア・プログラム」の申し込みの流れ

対象

新潟市内の「障害福祉サービス事業所」に限ります(個人でのお申し込みはできません)

申し込み期間

現在、平成30年度(平成30年4月から平成31年3月31日)までの利用の申し込みを受け付けています。プログラムを実施する1か月前までに下記の申込書に必要事項を記入いただき、事務局(グリーンケアボクスン)へ送ってください。

申し込みの流れ

職員用の44ページに詳しく記載しています。
(1)選択
プログラムの中から、季節イベントなどに合わせて選択してください。
(2)連絡
事務局のグリーンケアボクスンへお申し込みください。申込先は下記をご覧ください。
(3)調整
講師や受入施設と調整し、日程をお知らせします。余裕をもって調整いたします。
(4)事前打合せ
事前に施設、講師、事務局で配慮事項や準備などについて共有します。
(5)実施
当日の緊急連絡は事務局にご連絡ください。
(6)振り返り
実施後、関係者による振り返りを行い、今後に活かします。

実施プログラムの申し込み先
園芸福祉にいがた グリーンケアボクスン
電話:080-9662-5007
FAX:025-333-4933
受付時間:月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで
メール:greencareboxn@gmail.com

 「園芸福祉にいがた グリーンケアボクスン」は、従来からある“福祉”の概念にとらわれず障がい者も健常者もすべての人が得意分野を活かし自分らしく働き、個性を輝かせる社会を作ることを目的とした「園芸福祉士」の資格を持つ民間団体です。
 新潟市から「アグリ・ケア・プログラム」の業務を受託して、円滑な体験活動を支援するコーディネート業務を行います。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎5号棟4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

農業体験

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る