このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

雇用調整助成金利用促進事業Bタイプ支援金

最終更新日:2020年10月21日

1.概要

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業により、従業員を休業させる事業主の負担を軽減し、雇用の維持を図るため、国へ雇用調整助成金(緊急雇用安定助成金を含む)を申請する際に社会保険労務士等を活用した場合の手数料の一部を補助します。

◎雇用調整助成金の制度の詳細や変更点等の最新情報については、上記ページよりご確認ください。

支援対象となる事業主

【下記1と2を満たす事業主】
1.市内に所在する中小企業の事業主
2.新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業により、雇用調整助成金等の支給決定を受けた事業主

支援対象経費

事業主が雇用調整助成金等の申請(計画届含む)を社会保険労務士または弁護士に依頼した際にかかる手数料(消費税抜き)

支援金の額

・支援対象経費の10/10(千円未満切捨て)
・1事業所あたり上限10万円
※市への申請は上限額の範囲内で、1事業所あたり合計2回まで

対象となる休業等の期間

令和2年1月24日以後に開始された休業等

申請書類

(1)新潟市雇用調整助成金等利用促進事業Bタイプ支援金支給申請書
(2)雇用調整助成金等の支給決定通知書の写し
(3)雇用調整助成金支給申請書・助成額算定書【様式特第7・8号または様式特第10・11号】の写し
 緊急雇用安定助成金支給申請書・助成額算定書【様式第2号(1)・(2)】の写し
 小規模事業主用の場合は、雇用調整助成金支給申請書【様式新特小第1号】または緊急雇用安定助成金支給申請書【様式新小第1号】の写し ※裏面印刷必須
(4)社会保険労務士等への支払の完了を確認できるもの(領収書の写し)

※(1)は市の様式、(2)及び(3)は雇用調整助成金等に係る書類となります。

要綱

※申請期限を「雇用調整助成金等の支給決定日から3か月以内」から「令和3年3月31日まで」に変更しました。(令和2年10月21日)

よくある質問

2.申請方法

【申請の流れ】※雇用調整助成金の支給決定後に申請が可能です。

【申請の流れ】(1)雇用調整助成金の申請事務を依頼する。(2)社労士等を通じて、雇用調整助成金の申請を行う。(3)雇用調整助成金の交付決定(4)社労士等へ手数料を支払う。(5)雇用調整助成金の支給決定後、Aタイプ支援金・Bタイプ支援金の申請を行う。(6)Aタイプ支援金・Bタイプ支援金の交付決定

【申請期限】令和3年3月31日まで

【申請先】郵送またはメールにてご提出をお願いします。

 経済部 雇用政策課 新潟暮らし推進室 宛て
 住所:〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル5階)
 Email:koyo@city.niigata.lg.jp

3.問い合わせ

市役所コールセンター TEL:025-243-4894

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

経済部 雇用政策課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル5階)
電話:025-226-1642 FAX:025-228-1611

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新型コロナウイルス感染症対策に係る支援について(事業者の皆様へ)

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る