このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

5G映像コンテンツ活用プロジェクト

最終更新日:2021年10月6日

実験の模様

DXプラットフォーム会員である株式会社NST新潟総合テレビが立ち上げた「5G映像コンテンツ活用プロジェクト」が、このほど5Gビジネスラボを舞台に初の実証実験を行いました。

実施概要

プロジェクト

5G映像コンテンツ活用プロジェクト

プロジェクトメンバー

  • 株式会社NST新潟総合テレビ
  • 株式会社ガゾウ
  • 株式会社ドコモCS
  • 国立大学法人新潟大学

実証実験

5G(ミリ波)エリア2拠点間での映像配信とロボット操作の実証

活用した支援メニュー

  • 新潟市概念実証支援補助金(通常型)
  • 5Gビジネスラボ

日にち

令和3年9月25日(土曜)

場所

  • 新潟市産業振興センター(5Gビジネスラボ)
  • 万代シテイパーク

主な実証内容

  • 360度VR 映像や4K映像などの大容量映像のライブ配信
  • 視線解析システムを使った観客視点映像の配信
  • 各種ロボットの低遅延遠隔操作 など

当日の様子

実証実験では、新潟市産業振興センターと万代シテイパークの2地点を「5G to 5G」で結び、360度VR映像や4K映像などの大容量映像のライブ配信のほか、新潟大学の学生も実験に参加し、ロボット操作による遠隔地での買い物体験などを行いました。


お笑いライブの4K映像配信


学生によるロボットの遠隔操作での買い物体験

参加した学生からは「5Gはまだ身近ではないため、イメージが難しい」との感想もあった一方、「5Gを利用することによって、遠隔操作で買い物できるのはすごい」「ロボットを動かす際の遅延の少なさに驚いた」「5Gがどのようにビジネスに生かされるのか考えていきたい」といった意見も聞かれました。

実験の模様は、当日のテレビ番組での生放送やYouTubeでのライブ配信を通じて、市内外へ発信されました。

YouTubeチャンネル「だいすき!にいがた! NST新潟総合テレビ」
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【元アイドル】井口眞緒が5G実証実験に潜入【新潟市出身】(外部サイト)

5G環境での映像配信やロボットの遠隔操作の検証という当初の目的を達成できただけでなく、学生に参加・体験してもらったことで、5GやDXについて考えてもらうきっかけにもなり、次世代の産業を担う若者の啓発にもつなげることができました。引き続き、DXプラットフォームや5Gビジネスラボでの様々な活動を通じて、新潟市の産業のDX促進へ取り組んでいきます。

このページの作成担当

経済部 成長産業支援課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル5階)
電話:025-226-1694 FAX:025-228-2277

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る