このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

秋葉区自治協議会委員の公募委員を追加募集します

最終更新日:2022年1月21日

秋葉区自治協議会 公募委員の追加募集について

令和4年4月1日からの秋葉区自治協議会の公募委員を1名募集します。
秋葉区自治協議会は、各地域コミュニティ協議会や公共的団体などからの選出者、識者及び公募委員などで構成されています。
区民に身近なまちづくりや地域課題解決のため、区役所と連携し、多様な意見の調整や取りまとめを行い、区民と行政との「協働の要」としての役割を担っています。

所掌事務

  1. 区民等と市との協働の要として、区民等の参画を通じて多様な意見を調整し、その取りまとめを行うとともに、地域課題の解決及び情報の共有に努めること。
  2. 区の地域課題のうち、市長その他の市の機関により諮問されたもの及び区自治協議会が必要と認めるものについて審議し、意見を述べること。
  3. 地域における重要な計画など、条例で定める区自治協議会の意見を聴かなければならない事項を審議し、意見を述べること。

委員任期

令和4年4月1日から令和5年3月31日まで(1年間)

会議の開催予定

全体会議を月1回程度(昼間3時間程度)、必要に応じて部会等を開催
会場は秋葉区役所会議室などを予定
会議及び部会等出席時に日額3,000円(税控除前)を報酬として支給
保育室設置(6か月から就学児前)

募集人数

1人

応募資格・基準日

令和4年4月1日時点で、次の要件を満たしている方

  1. 秋葉区内に住所がある満18歳以上の方
  2. 本市の他の附属機関の委員でない方
  3. 新潟市職員及び新潟市議会議員でない方
  4. 秋葉区自治協議会の公募委員として、過去に2期活動されたことのない方

応募方法

(1)作文の作成(800字以内)
テーマ:「秋葉区の課題と自治協議会委員として取り組みたいこと」
(2)活動歴の作成(A4版1枚以内。下記により参考書式のダウンロード可。)
自治会などの地域活動やボランティア活動、行政の附属機関委員としての活動など公益的な活動や民間での職務経験などの活動歴と、これまでに経験した活動の中で特にアピールしたいこと。活動歴が特にない場合は、今後どのような活動をしてみたいかを記載する。
(3)住所、氏名(ふりがな)、電話番号(日中連絡先)、生年月日を記載した用紙

(1)から(3)を直接、郵送、FAX、電子メールにより、秋葉区役所地域総務課へ令和4年2月28日(月曜)必着でご応募ください。書式は任意です。
受け付け確認後、3日以内(閉庁日を除く。)に受け付け確認の連絡をいたしますので、連絡がない場合は必ずお問い合わせください。

選考方法

秋葉区自治協議会委員で構成する「秋葉区自治協議会委員推薦会議」において、ご提出いただいた作文と活動歴を審査することにより選考します。

応募・問い合わせ先

秋葉区役所地域総務課 企画グループ
〒956-8601
新潟市秋葉区程島2009番地
電話:0250-25-5672
FAX:0250-22-0228
電子メール:chiikisomu.a@city.niigata.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

秋葉区役所 地域総務課
〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009
電話:0250-25-5673 FAX:0250-22-0228

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video
〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009番地 電話 0250-23-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る