このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

第283号(平成31年1月20日) 1ページ

最終更新日:2019年1月20日

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密

3月10日(日曜)まで新津美術館で開催中

【イラスト】エドワード・ゴーリー、トマス・スターンズ・エリオット『キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科』原画、1982年 (C)2010 The Edward Gorey Charitable Trust
エドワード・ゴーリー、トマス・スターンズ・エリオット
『キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科』原画、1982年
(C)2010 The Edward Gorey Charitable Trust
【イラスト】エドワード・ゴーリー『うろんな客』原画、1957年
エドワード・ゴーリー『うろんな客』原画、1957年
【イラスト】エドワード・ゴーリー『不幸な子供』原画、1961年
エドワード・ゴーリー『不幸な子供』原画、1961年

 不思議な世界観と、モノトーンの緻密な線描で、世界中に熱狂的なファンをもつエドワード・ゴーリー(1925-2000)。ゴーリーの作品は不気味でナンセンス、そして優雅なユーモアが余韻となり、時に読者を不安に陥れます。日本では異色の絵本作家として知られており、『ギャシュリークラムのちびっ子たち』や『うろんな客』、『不幸な子供』などの絵本が次々と邦訳され、人気が高まっています。
 本展は、ゴーリーの没後、アメリカ各地を巡回した原画展を元に、個人コレクターの収蔵品を加え、貴重な原画・書籍・資料など約350点を展示いたします。ゴーリーの多彩な制作活動をたどり、謎に満ちた優雅な秘密に迫ります。

エドワード・ゴーリー プロフィール

  • 1925年 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴに生まれる。
  • 1950年 ハーバード大学を卒業。初めての仕事として、メリル・ムーアの詩集『不規則なソネット』の見返しにイラストを描く。
  • 1953年 ニューヨークに移り住み、出版社ダブルディに就職。初の著書『弦のないハープ』を刊行。
  • 1957年 『うろんな客』が出版される。
  • 1962年 自身の出版社ファントッド・プレスを興す。
  • 1983年 マサチューセッツ州ケープコッドへ生活の拠点を移す。
  • 2000年 4月15日、心臓発作のため75歳で逝去。
  • 2002年 ケープコッドにエドワード・ゴーリー・ハウス開館。

新津美術館

休館日

 毎週月曜日(ただし2月11日・18日、3月4日は開館)、2月12日(火曜)

開館時間

 午前10時から午後5時(観覧券販売は午後4時半まで)

観覧料

 一般700円、大学・高校生500円 ※中学生以下、障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料

問い合わせ

 電話:0250-25-1300


 

秋葉区自治協議会提案事業「課題解決きらめきサポートプロジェクト」

在郷町小須戸 ひな・町屋めぐり

【写真】雛の町家
雛の町家
【写真】雛の町家
町屋ギャラリー薩摩屋

日程

 3月31日(日曜)まで開催中

会場

 町屋ギャラリー薩摩屋 ほか

 冬の小須戸地区を楽しむことができるさまざまなイベントを開催します。
会期中、地域の方からお預かりしたたくさんのひな人形や折り紙のつるし飾りを展示するほか、小須戸地区の各店舗でもひな人形の展示や特別サービスを実施しています。

おりがみひな飾りワークショップ

日時

 2月3日(日曜)(1)午前10時から(2)午後1時半から

会場

 小須戸まちづくりセンター

お抹茶サービス

 小須戸・矢代田地域内のお店でお買い物をしたレシートを
持っていくと、お抹茶を1杯サービス。

日時

 2月10日(日曜)、3月10日(日曜)午前11時から午後3時

会場

 町屋ギャラリー薩摩屋

機織り体験会 ※要申込・先着10人

日時

 3月3日(日曜)午前10時から11時半

会場

 ワークセンターほほえみ

申し込み

 地域総務課 企画担当(電話:0250-25-5672)

レンタル着物着付け ※要申込・女性限定

日時

 2月16日(土曜)から3月17日(日曜)の土曜日曜

会場

 町屋ギャラリー薩摩屋

料金

 3,000円(着物一式、草履、着付け込み)

申し込み

 木伏さん(電話:090-5751-0123)

ひなまつり 桃の花フラワーアレンジメント教室 ※要申込・各日先着10人

日時

 (1)2月23日(土曜)(2)24日(日曜)午前10時から午後0時15分

会場

 (1)町屋ギャラリー薩摩屋(2)小須戸まちづくりセンター

参加費

 1,000円

町屋カメラ ※要申込・先着10人

 SNS映えするおしゃれな写真の撮り方を教えます!

日時

 3月3日(日曜)午前10時半から正午

会場

 町屋ギャラリー薩摩屋

参加費

 1,000円(雛の町家入館料込み)

コサージュ作り ※要申込・各日先着10人

日時

 (1)3月23日(土曜)(2)24日(日曜)午前10時半から正午

会場

 町屋ギャラリー薩摩屋

参加費

 500円

共通事項 ※2月6日(水曜)受付開始

申し込み

 小須戸まちづくりセンター(電話:0250-25-7069)

区バスもデコレーション!

 会期中、つるし雛で区バスを飾ります。この機会にぜひ乗車してみてください!


目次へ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

あきは区役所だより

注目情報

    にいがた魅力発信

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009番地 電話 0250-23-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る