このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

第282号(平成31年1月6日) 1ページ

最終更新日:2019年1月6日

秋葉で暮らす魅力

【写真】昨年実施した「秋葉区移住体験ツアー」の一コマ。小須戸・朝日・金津をめぐり、各地域の皆さんが県外からの参加者に魅力をPRしました。
昨年実施した「秋葉区移住体験ツアー」の一コマ。小須戸・朝日・金津をめぐり、各地域の皆さんが県外からの参加者に魅力をPRしました。

 新潟市では、地域が主体となって移住促進に取り組む地区を「移住モデル地区」に指定し、市外への情報発信や移住者への支援を行っています。
 「移住モデル地区」は、市内に5つありますが、そのうち3地区が秋葉区にあります。区では、アキハスムプロジェクトを通して、地域への愛着や誇りを育むとともに、「移住モデル地区」の活動を支援しています。 また、「秋葉区移住体験ツアー」を地域と協力して開催するなど、移住・定住の促進を図っています。

【写真】マーク


小須戸(こすど)

「HAPPYターンモデル」地区

先進的な取り組みにより、移住者増加などの実績がある地区

生活しやすい「コンパクトタウン」

 小須戸地区は、古くからある町屋と町並みを保存・活用しており、近年では移住者による町屋を使ったお店やギャラリーもオープンしています。
 モデル地区指定後、「小須戸移住モデル推進委員会」を立ち上げ、魅力発信のためのパンフレット作成や、移住しやすい地域づくりに取り組んでいます。

【写真】小須戸のイメージ写真

朝日(あさひ)

「移住推進モデル」地区

今後積極的に移住・定住の取り組みを行う地区

Akiha放課後里学校

 里山を最大限に活用して「共に生きる力」を持った子どもたちを育むことを目的とした「Akiha放課後里学校」が開校しました。
 また、季節ごとのさまざまな催しや、古民家「エコまる村」での体験活動などを通して、地域ぐるみでの子育てができる地区です。

【写真】朝日のイメージ写真

金津(かなづ)

「移住推進モデル」地区

今後積極的に移住・定住の取り組みを行う地区

歴史と美しい自然に囲まれた環境

 昨年、国史跡に指定された「新津油田金津鉱場跡」をはじめ「白玉の滝」や「里山ビジターセンター」など、観光名所の多い金津地区。
 歴史と自然を生かした自治会主催のイベントがたくさんあります。移住者の受け入れにも積極的で、地域を上げて歓迎しています。

【写真】金津のイメージ写真

#アキハスム

 ハッシュタグ「#アキハスム」をつけて、インスタグラムやフェイスブックで皆さんが自慢したい秋葉区をぜひご紹介ください! 「アキハスムプロジェクト」もSNSで魅力を発信しています。

ホームページで魅力発信

 秋葉区の6つの魅力をはじめ「Akiha健康レストラン」や秋葉区自治協議会の情報なども発信しています。
今後「Akihaもち麦プロジェクト」「Akiha里山手帖」などさまざまな取り組みを紹介します。

アキハスムプロジェクト ホームページ

http://akihasumu.com

秋葉区の『住んでよかった』を発信していきます。

地域総務課 企画担当(電話:0250-25-5672)


 

新年のごあいさつ

【写真】秋葉区長 熊倉 淳一

 明けましておめでとうございます。
 区民の皆さまにおかれましては、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年は、全国的に台風や地震、豪雨、土砂災害など多くの自然災害に見舞われました。新潟市においても豪雪による混乱や連日の猛暑、小学生の悲しい事件の発生など、改めて安心・安全なまちづくりについて気を引き締めさせられた1年でした。
 災害時はもちろん、子どもたちの見守りや地域での支え合いなど、「今、ここで」助けの手を差しのべられるのは近隣の人同士であり、安心・安全なまちづくりにはそれぞれの地域での取り組みが不可欠です。ありがたいことに秋葉区では、こうした分野を含めて、里山の保全や公園の整備・管理、環境活動、まちの活性化や移住の取り組み、健康づくりなど様々な場面で区民の皆さまから力を発揮していただきました。また、区自治協議会からも「区民主動サポート宣言」をしていただき、区民の主体的なまちづくり活動を支援していただきました。
 新しい年も安心・安全を土台に、区民の皆さまが力を最大限発揮できるよう協力・支援しながら一緒になってまちづくりを進め、皆さまの幸福度が少しでも向上するよう、職員一同努力してまいりますので、ご理解ご協力をお願いいたします。
 今年の干支の猪は、無病息災の象徴、お守りとも言われています。区民の皆さまのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


目次へ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

あきは区役所だより

注目情報

    にいがた魅力発信

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009番地 電話 0250-23-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る