このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

マガモ

最終更新日:2016年7月1日

四季の鳥たち 「冬の鳥たち~マガモ」

 カモは、冬鳥の中でも種類が多く、とても身近な鳥ですね。

 マガモは、カモの仲間を代表する鳥です。冬、北からわたって来て、川や湖、沼などで生活しています。
 新潟県立植物園の池では、1,000羽くらいの大きな群れをが見ることができますよ。

 ところで、合鴨農法という稲作(米づくり)の方法があります。合鴨農法とは、アイガモを田んぼに放して、雑草や害虫をエサとして食べさせ、農薬をなるべく使わないようにする稲作のことです。
 じつは、この合鴨農法でよく知られるようになったカモは、マガモを人間が飼い慣らしたものです。

 ここで問題です!
 新潟県立植物園の池に生息するカモは、夜になるとどこかへ出かけていきます。なぜでしょうか?

 それは、池にはエサとなる植物や魚が少ないため、昼は池を休む場所として利用して、夜間、田んぼや川にエサをとりに出て行くからです。
 池に行ったら、そんなことも思い出して見てくださいね。

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課
〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009
電話:0250-25-5689 FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video
〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009番地 電話 0250-23-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る