農業生産法人の役員要件緩和による取組み

特例制度の概要

農業生産法人の役員要件は、(1)役員の過半が農業(販売・加工含む)の常時従事者であること、(2)さらにその過半が農作業に従事していることとなっていますが、国家戦略特別区域法により国家戦略特区に規定する特定事業として認定を受けることによって、(2)の要件が「役員の1人以上が農作業に従事していればよい」こととなり、農業生産法人が設立しやすくなりました。
本市では、この制度を活用して9件の特例農業法人が新たに設立し、特色ある取組みを行っています。
なお、この規制緩和については平成28年4月から全国展開されています。

規制緩和を活用し新たに設立した特例農業生産法人の事業内容

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ