「水田センサ」・「自動給水栓」を活用した遠隔操作による水管理実証プロジェクトを開始しました

最終更新日:2018年6月26日

平成30年6月25日(月曜)、新潟市と積水化学工業株式会社、株式会社NTTドコモ、ベジタリア株式会社、ウォーターセル株式会社は、稲作の大規模省力化を図るため、ICTを活用した水田のモニタリングに加え、新たに遠隔操作で自動給水を行う実証プロジェクトを開始しました。

自動給水栓

水田センサ

モニター農家の株式会社白銀カルチャー

プロジェクト概要

・平成27年度~28年度に(株)NTTドコモ、ベジタリア(株)、ウォーターセル(株)、新潟市で連携協定を締結し、水田センサを活用した「革新的稲作営農管理システム実証プロジェクト」を実施しました。
・市内農業者をモニターとして、水田における水管理(田んぼの見回り)の省力化を図るとともに、水田の見回り回数など最大6~7割、平均3~4割削減できることが明らかになりました。
・本年度は“セカンドステージ”として、水位を24時間モニタリングできる「水田センサ」と、積水化学工業(株)の「自動給水栓」を組み合わせ、遠隔操作による水管理を実施するとともに、「クラウド型営農管理システム」により取得データを一元管理することで、稲作の大規模省力化を図ります。

各者の役割
会社名 役割

積水化学工業株式会社

・自動給水栓の提供

株式会社NTTドコモ

・水田センサの提供
・水田センサと水田管理アプリケーションを繋ぐ通信モジュールの提供

ベジタリア株式会社

・水田センサと水田管理アプリケーションの開発
・水田管理アプリケーションの提供

ウォーターセル株式会社 ・クラウド型営農管理システム「アグリノート」の提供
新潟市 ・モニターとのマッチング、実証フィールドの調整、全体の事業調整

プレスリリース

このページの作成担当

農林水産部 ニューフードバレー特区課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎5号棟4階)

電話:025-226-1864

FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ