新潟市スマート農業複合経営モデル実証コンソーシアムの取り組み

最終更新日:2019年5月31日

実証プロジェクト始動

農林水産省の平成30年度補正予算事業「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」(実施主体:農研機構)に新潟市と連携機関が提案した2件の実証プロジェクトが採択され、平成31年4月にコンソーシアムを設立しました。

令和元年5月29日、記者発表と実演を行いました

コンソーシアムの生産者、株式会社白銀カルチャーの圃場にて、記者発表と実演を行いました。
プロジェクトの概要は配布資料のとおりです。
また、自動運転トラクタ(無人)と自動操舵システム搭載トラクタ(有人)による大豆播種の協調作業を実演し、合わせてコメの水田で水管理システムの解説を行いました。

記者発表の様子

トラクタ2台による大豆播種の実演

水管理システム「水まわりくん遠隔操作型」と水田センサ「PaddyWatch」の解説

このページの作成担当

農林水産部 ニューフードバレー特区課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎5号棟4階)

電話:025-226-1864

FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ