平成29年度新潟市里潟学術研究事業

最終更新日:2018年8月22日

平成29年度新潟市里潟学術研究事業審査結果

審査結果

新潟市里潟学術研究事業の公募に関して、4件の申請がありました。審査の結果次の表の3件が選定されましたので、お知らせします。

採用事業
事業名 申請者・団体
(敬称略)
研究内容
松浜の池、内沼潟のミステリーを市民目線で調査~地元市民が潟の理解者となり、輪を広げる~ NPO法人 新潟水辺の会

(1)松浜の池の水位が維持されている要因について、松浜地区コミュニティ協議会と協働で調査
(2)内沼潟で水位変動や生物調査について内沼自治会と協働で調査。また、ハスの移植を試行実施

新潟県鳥屋野潟におけるアリ相 新潟県立自然科学館 山口勇気

(1)鳥屋野潟周辺にて、複数の採集法を用いて、潟環境に生息するアリの種構成を調査
(2)得られた結果を季節や調査地の間で比較し、アリ相の視点からみた潟環境における生態系について検討

新潟市の里潟に生息する絶滅危惧水生植物アサザの遺伝的 多様性調査 新潟明訓高校 田中啓太

(1)新潟市内の現存生息域を調査し、アサザの遺伝的多様性がどの程度残されているのか評価・解明
(2)現存個体の個体識別を行うことができる遺伝マーカーの開発を行い、遺伝的多様性保全のためのモニタリング手法の確立

選定委員会開催日時・会場

平成29年5月22日(月曜)午後2時から
新潟市役所白山浦庁舎6号棟101会議室

選定委員会実施内容

新潟市里潟学術研究事業選定委員会において、申請者からのプレゼンテーション、ヒアリングを実施し、選定基準による評価など意見集約を行い、審査した結果3事業を選定しました。

選定委員会(敬称略)
所属等 氏 名
事業創造大学院大学 名誉教授 原 敏明
新潟大学理学部 准教授 林 八寿子
新潟大学教育学部 准教授 志賀 隆
新潟市環境部環境政策課 課長 加藤 正樹

選定基準

里潟の保全、持続可能な利用等につながる研究であること。
研究内容の円滑な実施が見込まれるとともに、その実現可能性が高いこと。
団体にあっては、これまでの活動と同様(継続的)な内容となっていないこと。
研究を実施できる組織実施体制を有していること。
研究の実施に直接必要な最小限の経費であるとともに、金額が適正であること。

募集案内

※平成29年度の募集は終了しました。

応募規定

応募様式

応募方法

募集案内に基づき、必要書類を郵送または持参

応募締切

平成29年5月2日(火曜)必着 ※平成29年度の募集は終了しました。

その他

応募される方は、事前に新潟市環境政策課までメールにてご連絡願います。
メールアドレス:kansei@city.niigata.lg.jp

このページの作成担当

環境部 環境政策課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎2号棟3階)

電話:025-226-1363

FAX:025-230-0467

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ