東北電力との基本協定

最終更新日:2019年4月18日

東北電力株式会社と仮想発電所(バーチャルパワープラント:VPP)技術を活用した再生可能エネルギーの有効利用に関する基本協定を締結しました。

 平成31年4月17日、東北電力株式会社と本市における仮想発電所(バーチャルパワープラント:VPP)技術を活用した再生可能エネルギーの有効利用に関する基本協定を締結しました。
 今回の取り組みは、太陽光発電設備と蓄電池が設置されている新潟市内の小中学校5ヵ所において、東北電力株式会社が仮想発電所技術を活用した遠隔監視・最適制御を行い、環境負荷の抑制および地域防災機能の一層の強化に寄与することを目的としています。

基本協定に基づく検証項目

1 太陽光発電の余剰電力の有効活用
2 設備管理の効率化、蓄電池の長寿命化
3 電力需給バランス調整機能としての活用可能性

東北電力の高野新潟支店長(左)と中原市長

協定書

関連リンク

このページの作成担当

環境部 環境政策課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎2号棟3階)

電話:025-226-1363

FAX:025-230-0467

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ