ヘルシーレシピ紹介

最終更新日:2012年6月1日

教室写真1

教室写真2

教室写真3

 平成23年8月20日(土曜)に親子で学べるヘルシー料理教室を開催しました。
 台所からの排水は悪臭のもとになるだけでなく、川や海を汚す原因の一つにもなります。また、下水道管は人間の血管と同じ様に、油を流すと詰まってしまいます。
 当日は、料理研究家の田中稔子先生をお招きして、からだと下水道にやさしい、季節の地場産食材を使ったヘルシーで美味しい和食を、ご参加いただいた7組のお子さんと保護者の方で、楽しく調理しました。

当日のメニュー

 初めて包丁を使うお子さんもいて、最初はとまどっていましたが、完成した料理に感動をしていました。
 また、最近は煮物等の日本料理を好まないお子さんもいますが、自分で調理したものは美味しそうに食べていました。
 そのときのレシピを紹介しますので是非ご家庭でお試しください。
 左の写真は当日のメニューです。
(左上)糸うりの酢の物 (左下)枝豆ごはん
(中央上)茄子とお揚げの煮物
(中央下)麩とワカメのお味噌汁
(右)豆腐白玉あずき添え

茄子とお揚げの煮物 (4人分)

  • 丸茄子 2個 (食べ易い大きに切る)
  • 卵 4個
  • 油揚げ 2枚 (半分に切って袋状に開く)
  • ニンジン 1本 (一口大に切る)
  • さやいんげん 6本 (色よく茹で、半分に切る)
  • 生姜(薄切り) 2~3枚
  • だし 適宜
  • 砂糖 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • A 醤油 大さじ2と2分の1
    みりん 大さじ1
    サラダオイル 小さじ2
  1. 卵を割って油揚げの中に入れ、爪楊枝で止める
  2. 鍋にオイルをひき、茄子を炒める
  3. だしをひたひたに加え、Aを入れて煮る
  4. 沸騰したら1とニンジン、生姜を加える(アクをひく)
  5. 最後にさやいんげんを入れて温める

枝豆ごはん(4~5人分)

  • 米 2カップ
  • 塩 小さじ2分の1
  • だし昆布 5cm角一枚
  • 水 450ml
  • 枝豆 200g
  • 塩 大さじ1
  1. 米をとぎ、しっかり水を切る。分量の水に浸し30分程おく
  2. 塩、だし昆布を加えて炊く
  3. 炊き上がったらエダマメを混ぜて盛り付ける

※ 枝豆をゆでる

  1. 枝豆をさっと水で洗う
  2. ボウルに枝豆と塩を入れてゴシゴシ塩でもみ、水で洗い流してザルにあげる
  3. 沸騰したお湯で2.を茹で、ザルにあげて水気を切る
  4. 粗熱がとれたらサヤから豆を取り出し、うす皮を取る

糸うりの酢の物 (4人分)

  • 糸うり 200g (2cm厚さの輪切り)
  • 酢 大さじ3
  • 砂糖 大さじ2
  • A 塩 小さじ4分の1
    だし 大さじ2
    いりゴマ 適宜
  1. 糸うりを10分程茹で、ほぐして水にさらす
  2. ボウルにAを合わせ、水分を切った糸うりを合わせる
  3. 器に盛ってゴマを散らす

豆腐白玉あずき添え(4人分)

  • 白玉粉 60g
  • 木綿豆腐 60g
  • 水 適宜
  • あずき、きなこ
  1. 白玉粉に豆腐と水を加え、耳たぶくらいのやわらかさにこね上げる
  2. 20個に丸めて茹で、水にとる
  3. 器に盛り、あずきときなこをかける

【あずきの煮方】

  • たっぷりの水に1時間程浸し、そのまま火にかけて沸騰させる。
  • 茹で汁をすて、かぶる位の水を入れて柔らかくなるまで煮る。
  • 砂糖(乾燥あずきの80%)を2~3回に分けて加えながら煮る。
  • 最後に塩を加えて火を止め冷めるまでおいて味を含ませる。


※「あん」の甘さを好みで加減できるのが手作りの良さ。保存料の心配もないヘルシーおやつです
 美味しい「あん」を作りおきして、寒天や白玉、アイスクリーム、スポンジに添えて楽しみましょう

麩とワカメのお味噌汁(4人分)

  • 麩 適宜 (水につけて戻す)
  • 乾燥ワカメ 3g (水につけて戻す)
  • 青ネギ 2本 (細かく切る)
  • 味噌 40g
  • 水 4カップ
  • だし昆布 5cm角一枚
  • いりこ 15g
  1. 鍋に水と昆布、いりこを浸して30分程おく
  2. 中火にかけ、沸騰直前に昆布といりこを取り出す
  3. ワカメの水を切って入れ、5分程煮る
  4. 味噌を溶いて加える
  5. 麩を加え、ひと煮する
  6. ネギを加えて火を止める

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ