【開催記録】下水道の路めぐりin古町(2014年)

最終更新日:2014年10月27日

下水道事業PRプロジェクト「下水道の路めぐりin古町」を平成26年10月18日(土曜)に開催

新潟市下水道キャラクター「水玉ぼうし」

応募くださった14名の皆さまと、下水の流れをたどりながら、処理場まで約3キロメートルの道のりを歩きました。

写真イメージ「マンホールをのぞく」

写真イメージ「マンホール蓋を探す」

集合場所の「よろっtoローサ」を出発して、西堀通りへ。
普段は見ることのできないマンホールの中をのぞいたり、個性豊かなデザインマンホール蓋を探しながら、下水の流れに沿って、てくてく歩き始めました。

写真イメージ「テレビカメラで下水管の中を観察」

広小路では、下水管の中を、テレビカメラ映像で確認。
ふだんは見えない下水道の路を観察しました。

川をくだる水玉ぼうしのイメージ

写真イメージ「新潟シティガイドさんより説明を受ける」

道中、新潟シティガイドさんから、かつての古町界隈の歴史や文化についても、楽しいお話をしていただきました。
地元のおいしいお店も、教えてもらったよ。

手に葉っぱを持つ水玉ぼうしのイメージ

写真イメージ「早川掘通りにあるマンホールトイレ」

きれいに整備された早川堀通りでは、災害時に水洗トイレが使用できなくなったとき、マンホールに直接設置する「マンホールトイレ」があります。

写真イメージ「マンホールトイレの設置」

地元の方の協力を得て、マンホールトイレを実際に設置してもらいました。
子どもたちは興味深々!

正座する水玉ぼうしのイメージ

写真イメージ「ポンプで地下水をくみ上げる」

マンホールトイレで用を足したら、地下水をポンプでくみ上げて流します。
水洗トイレみたいだね。

写真イメージ「早川掘ポンプ場の見学」

早川堀ポンプ場の雨水ポンプを見学。
信濃川の水位よりも低いこの地域を雨の被害から守る、大切な役割があったんだね!

写真イメージ「船見処理場にて、説明を受ける」

最後はバスで、船見処理場へ。
汚れた水をきれいにするしくみを学びました。
皆さん、下水道に興味をもってもらえたかな?
今日から「下水道の応援団」になってね!

正面を向く水玉ぼうしのイメージ

下水道の路めぐりのマップのイメージ

このページの作成担当

下水道部 経営企画課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館6階)

電話:025-226-2959

FAX:025-228-2209

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ