飲食用・化粧品びん

最終更新日:2019年10月1日

飲食用・化粧品びん(月2回)

1.出し方

出し方:キャップをはずし、軽く水ですすいでから、回収用コンテナに入れてください

2、収集品目

収集品目:飲み物(飲み薬含む)、食べ物および化粧品が入っていたガラス製の容器(コーヒーのびん、飲料・栄養ドリンクのびん、調味料のびん、ジャムのびん、化粧品のびん)

びんのラベルは、はがさなくても結構です。びんの口に付いている中栓(注ぎ口)は、無理に取らないでそのまま出してください。
マニキュアのびんなどすすいでも水をはじくものは、中身を使い切ってから出してください。

Q&A

Q.ポリ袋に入れたままコンテナに出しても良いですか?

A.ポリ袋から出して飲食用・化粧品びんだけ、コンテナに入れてください。

Q.農薬のガラスびんを出して良いですか?

A.内容物を口にすることができる飲食用および化粧品のガラス製容器が対象ですので、農薬のガラスびんは「燃やさないごみ」に出してください。また、強化ガラスや耐熱ガラスなどは、リサイクルに向かないため、ガラスのコップやほ乳びんなども「燃やさないごみ」に出してください。

Q.割れたびんも出して良いですか?

A.ひびが入っている程度であれば良いですが、割れてしまった場合は、紙等で包んで「燃やさないごみ」で出してください。

このページの作成担当

環境部 廃棄物対策課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟3階)

電話:025-226-1403

FAX:025-230-0465

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

燃やさないごみ

特定5品目

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ