車の火災に注意しましょう

最終更新日:2018年7月5日

新潟市の火災事例

車両が燃えている状況 車両が燃えている写真

消火後の車両の状況 消火後の車両の写真

新潟市内ではさまざまな原因で、車両火災が発生しています。 

  • エンジンオイルの劣化などでエンジンが破損、オイルがエンジンから漏れて出火
  • ライターが座席のスライドレールに挟まり、座席を動かした際にライターが点火し出火
  • 伸びた草の上に車を停めたことで、草にマフラーなどの高温部が触れて出火
  • たばこの吸殻を車内のゴミ袋に捨てたところゴミ袋から出火

車両火災件数(H19~H29) 平成19年から平成29年の車両火災件数

過去5年間の車両火災原因別の件数 平成19年から平成29年の車両火災の主な原因

車両火災を防ぐには?

  1. 日頃からエンジンの異常に気を付けて、整備・点検を怠らないようにする。特にオイルの劣化・漏れには注意する。
  2. 整備の時は、布などをエンジンルーム内に置き忘れないようにする。(排気管などに触れて出火する場合があります。
  3. オーディオ、補助ランプ、メーター類は、誤った取り付け(電流消費量に合わない配線の使用、間違った取り回し、接続方法など)によって、配線類から出火する場合があるので、取扱説明書により、正規の取り付けをする。
  4. バッテリーはきちんと固定されているか確認する。(整備や衝突事故の際に、+端子とボディが触れてショートすると、出火する場合があります。)
  5. 車内にライターなどを放置しない。タバコの火は確実に消し、灰皿はこまめに清掃する。
  6. 車内にガソリンなどの引火しやすいものを置かない。
  7. 車を枯れ草、段ボール、材木などの可燃物の近くに停車させない。

このページの作成担当

消防局 予防課

〒950-1141 新潟市中央区鐘木257番地1

電話:025-288-3230

FAX:025-288-3215

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ