着衣着火による火災に注意しましょう

最終更新日:2018年6月21日

こんろ、ストーブ、ローソクから着ている衣服に火がつき、火傷する火災が発生しています

新潟市の火災事例

  • 料理中、ガスこんろの火が衣服に着火した。
  • やかんを火にかけ換気扇を回そうとした際、ガスこんろの火がパジャマに着火した。
  • やかんをストーブにかけ沸騰したので消そうとした際、ストーブの火が着衣に着火した。
  • 仏壇のローソクに火を点けローソク越しに物を取ろうとした際、ローソクの火が着衣に着火した。
  • ゴム手袋をしたままたばこに火を点けた際、手袋に着火し衣服に燃え移った。

発火源はこんろ、たき火、ストーブ、ローソクなどが多く、負傷した方の行動では換気扇のスイッチを操作しようとした際、物品を取ろうとした際に裾等に着火する例が多く、着衣着火による負傷者の半数以上が65歳以上の高齢者となっています。
また、着衣着火すると、火傷を負う可能性が高くなります。
新潟市では、平成22年から平成29年まで25件の着衣着火による火災が発生しています。25件すべての火災で負傷者が発生し、そのうちの3件で死者が発生しています。

着衣着火イラスト

着衣着火を防ぐには

  • 毛羽立ったり、ひらひらした衣類で着衣着火が多くおきています。
  • 火を使う時は、衣服に火がつかないよう十分注意しましょう。
  • ガスこんろの奥には調味料等を置かないようにしましょう。
  • 火のついているガスこんろには近づきすぎないようにしましょう。
  • こんろの溢れ火、ローソクの火に注意しましょう。
  • 着衣着火を防ぐために防炎製品を使いましょう。

防炎製品について知りましょう!

以下のホームページに防炎製品に関する様々な情報が公開されています。

服に火が着いてしまったら

  • すぐに水をかけるかたたいて消しましょう。または、服を脱いで水をかけ消しましょう。
  • わき腹や背中側に火が着くこともあります。床に寝転がり、左右に転がることも有効です。
  • やけどとなった場合、無理に服を脱がず、服の上から水をかけましょう。

このページの作成担当

消防局 予防課

〒950-1141 新潟市中央区鐘木257番地1

電話:025-288-3230

FAX:025-288-3215

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ