非行・被害防止キャンペーン2020

最終更新日:2020年7月7日

趣旨

 内閣府では、昭和54年の「国際児童年」を契機として、「青少年の非行・被害防止全国強調月間」を定め、関係省庁、都道府県、市区町村、民間団体等と連携を図り、総合的な非行・被害防止活動に取り組んでいます。
 近年、青少年のインターネット利用に係るトラブルが大きな社会問題となっています。ネット依存、人間関係トラブルやいじめ、個人情報流出など従来のトラブルに加えて、児童ポルノ被害や自画撮り被害などが急増しており、社会全体で取り組むべき喫緊の課題となっています。当キャンペーンでは、インターネットの正しい利用とその被害防止について取り組んでいきます。
 また、当市における14歳以上の窃盗犯は、平成18年以降、年々減少しています。これは、警察、行政、店舗、教育、地域等の関係者、保護者等による地道な取組の成果や若者の行動や社会環境の変化等によるものと考えられます。しかし、当課所管の街頭育成活動において青少年の万引き事案の情報が報告されており、依然として憂慮すべき状況です。さらに、初発型非行(特に万引き、占有離脱物横領)は、大人も含め、潜在化している場合も散見されます。常習化・犯罪への深化、社会全体の規範意識の低下につながることも憂慮されることから、今後も児童生徒を対象とした初発型非行(万引き防止対策)の未然防止にも継続して取り組んでいきます。

キャンペーン実施期間

令和2年7月1日(水曜)から8月31日(月曜)
・今年度は「ストップ!万引き!!」「インターネットの正しい利用を!!」街頭PR大作戦は中止といたします。

実施内容

1 標語・ポスターの募集

・テーマ 「万引き防止」「インターネットの正しい利用」
・募集期間 令和2年7月27日(月曜)から8月31日(月曜)
・それぞれのテーマについて、「標語」「ポスター」を募集します。
・応募作品から最優秀賞1点、優秀賞2点を選び、表彰します。

2 各地区での啓発活動

・青少年育成協議会が各地区でキャンペーンを実施します。
・啓発グッズ(うちわ)500個を配布する予定です。

3 児童・生徒・保護者への啓発

・市内小・中・中等教育・特別支援学校、市立高等学校の全児童生徒に啓発チラシを配付します。
・約14000枚(小学5年、中学2年の児童生徒)

インターネットの正しい利用を

ストップ万引き

4 市内店舗との連携

・各地区青少年育成協議会及び市青少年育成員を通して、各地区内のコンビニエンスストア、青少年の利用が多い店舗に万引き防止ステッカーを配布し、キャンペーンへの協力を依頼します。
・約1330店舗

共催・後援

【共催】 新潟市
【後援】 新潟県、新潟県警察本部

・県警察本部少年課で、非行防止等の啓発「紙芝居」等(学習用デジタルコンテンツ)を制作し、YouTube「新潟県警察公式チャンネル」で公開中です。
・従来の非行防止教室棟で使用している紙芝居やパワーポイント資料を短編にまとめて音声を入れデジタル化し、学校やご家庭においてネットを利用し、日時を問わず、閲覧・学習できるようになっています。ぜひ、ご活用願います。
*「非行防止」「薬物乱用防止」「いじめ防止」「情報モラル」のテーマについて、小学生版、中・高校生版を追加公開予定です。

このページの作成担当

教育委員会 地域教育推進課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)

電話:025-226-3277

FAX:025-226-0053

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ