子育てワンポイントアドバイス

最終更新日:2012年6月1日

満点ママ・パパにならないで

はじめての子育てはとまどいや不安がいっぱい。失敗や後悔もあってあたりまえ。
子どもを育てながら、悩みながら、親も育つのです。

夜泣きや泣き止まないとき

うまく寝れなくてぐずぐずいう赤ちゃんもいます。何をしても泣き止まないこともあります。
赤ちゃんは生後2週間からよく泣くようになり、2か月前後でピークになりその後減ります。
1日5時間以上泣くこともあり、午後から夕方にかけてよく泣きます。
赤ちゃんのお世話をする保護者が泣きに付き合うのは大変なことで、誰でもイライラするものですが、まずは赤ちゃんを抱いて、なだめて、歩いて、語りかけてあげて下さい。
それでも泣き止まず、保護者がイライラしてしまったら、赤ちゃんを安全な場所に寝かせて、数分離れて自分を落ち着かせて、それから赤ちゃんの様子を見に戻って下さい。決して赤ちゃんを揺さぶったり、暴力をふるったりしないで下さいね。
赤ちゃんの泣きには終わりがきます。「もうすぐ終わるもの」「誰でもイライラするもの」と思って過ごしましょう。

ことばはどうやって育つのかな

子どもは、だいたい1歳前後から「まんま」「ぶーぶー」などの単語を話し始め、その後、徐々に言葉が増えていきますが、言葉の発達には個人差があります。子ども向けのテレビ番組やDVDもありますが、テレビやビデオからの一方通行の音だけでは、なかなか言葉は育ちませんし、コミュニケーション力も育ちません。ことばを「教えよう」「しゃべらせよう」ではなくて、赤ちゃんがいま興味のあることを、大人もいっしょに楽しんで遊んでみたり、毎日のお世話の中で話しかけることを心がけていきましょう。 そんなやりとりの積み重ねのなかから、子どもは「お母さんにも見てほしい」「お父さんにも分かってほしい」「これをとってほしい」と伝えたい気持ちが育っていきます。そんな周りとのやりとりの中からことばは生まれていきます。

夜尿

夜尿に対する決め手になる治療法はありませんが、基本原則は
1.起こすな
2.怒るな
3.気にするな です。
長期戦の覚悟を持ち、やさしい気持ちで接してあげましょう。

指しゃぶり

遊びというと大人はつい「あやすこと」や「おもちゃ」を考えてしまうけれど、指をしゃぶるのも赤ちゃんにはおもしろい遊びなのです。

2人目が生まれたら

弟や妹がうまれてから「お兄ちゃんになったでしょ。」「お姉ちゃんでしょ。」という言葉でがまんすることを要求していませんか。
「○○ちゃん、大好き!」といってギューとだきしめてあげてください。赤ちゃん返りしたっていいんです。
愛されて受け入れられているうちに、お兄ちゃん・お姉ちゃんとしての気持ちがだんだん芽生えていきます。
お母さん自身も、「上の子や下の子に十分に関われない」と自分を責めていませんか。
1日は24時間、体は一つ。子どもが一人の時と同じようにいかないのは当たり前。そのままのあなたでいいのです。

このページの作成担当

こども未来部 こども家庭課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)

電話:025-226-1201

FAX:025-228-2197

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ