児童期の変わる親子のかかわり方 ギャングエイジは「自立のきっかけ」(児童期家庭教育学級) 

最終更新日:2019年9月20日

募集は終了しました

概要

講座風景写真

児童期は親よりも仲間が重要になってきます。
子どもの理解しがたい言動に、心配になる大人もいます。
でも、子ども達の発達に、「仲間との関係から学ぶこと」
は大切です。
子どもと大人のいい距離感を一緒に考えませんか?
「自立」できる子どもを育てる家庭教育応援講座です。
ぜひご参加下さい。

日時

令和1年10月9日から10月30日
毎週水曜 午前10時から正午 
全4回

会場 新潟市黒埼地区公民館 
対象 小学生のいる保護者、テーマに関心のある方
定員 先着20人
参加費と持ち物 無料 (ただしお茶代100円)、マイカップ
お申込方法

新潟市黒埼地区公民館へ電話またはEメールでお申し込みください。
受付期間:令和1年9月2日(月曜)から25日(水曜)
電話でお申し込みの場合
025‐377‐1420 (受付時間:午前9時から午後5時)
メールでお申し込みの場合:
kurosaki.co@city.niigata.lg.jp
件名 児童期申込み
※受付後、黒埼地区公民館から返信いたします。携帯電話で申し込まれる場合は、公民館からのメールを受信できるようご設定ください。
  記載内容
1.氏名(ふりがな)
2.郵便番号
3.住所
4.電話番号
5.保育希望の有無
6.保育を希望する場合、子どもの名前(ふりがな)と生年月日 

お問い合わせ 新潟市黒埼地区公民館(電話:025-377-1420
保育

定員9名(先着・生後10か月以上の未就園児)

プログラム

実施日 テーマ・講師 内容
1 令和1年10月9日(水曜)

子どもを元気にするおとなの関わり方
子ども人権ネット・CAPにいがた事務局長
太田 美津子(おおた みつこ) さん

エンパワメントとは・
話の聴き方

2 令和1年10月16日(水曜)

子どもと話せていますか?「性」について
新潟子ども医療専門学校 非常勤講師
大滝 則子(おおたき のりこ) さん

子どもの心と身体の育ちを理解する
3

令和1年10月23日(水曜)

親子のいい距離の取り方 学校と家庭の役割とは
子育てカウンセラー
小柳 信子(おやなぎ のぶこ) さん

過保護や放任にならないための程よい距離感を学ぶ
特別編 令和1年10月30日(水曜)

みんなと話そう!子どものこと
家庭・学校・地域、子どもを見守るトライアングル
企画員のみなさん・公民館職員

講座の振り返り
私たち大人の役割を話し合う

ダウンロード

このページの作成担当

黒埼地区公民館

〒950-1115 新潟市西区鳥原909番地1

電話:025-377-1420

FAX:025-377-1430

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ